読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAYDREAM

白日夢を徒然なるままに

映画「サバイバルファミリー」

見てきた。 survivalfamily.jp この映画、矢口監督作品でなかったら見に行くことは無かったと思う。 はっきり言って自分にとっては久々に映画見たのを後悔しました。鑑賞に費やした2時間と1500円を返して頂きたい。それくらい「矢口監督どうしちゃったの?」…

映画「沈黙 -サイレンス-」

見てきた。 chinmoku.jp 実はこの映画、公開初日(1/21)に鑑賞していたのですが、感想をしばらく書くことができなくて、やっと最近になって心の整理が付いてきたのかこの映画に対する言葉を紡ぎ出せるようになった作品です。 久々に凄い映画だった。映画を見…

映画「ローグ・ワン / スター・ウォーズ・ストーリー」

見てきた。 この手の映画はあまり事前情報を仕入れずに見に行くのですが、今回はスターウォーズのサイドストーリー的なモノと言うことで、とりあえずエピソード4のストーリーを若干復習してから鑑賞しました。 それというのも、この映画はエピソード4の直前…

映画「この世界の片隅に」

見てきました。 これで2016年公開の三大アニメ映画(「君の名は。」「聲の形」「この世界の片隅に」)を制覇したどー! それはさておき、こうの史代の漫画はかの名作「夕凪の街 桜の国」は持っていて、そういえば実写化された映画も見た記憶ありです。 あ、…

【ネタバレ】劇場版 艦これの所感など

見てきた。 一言で言うと「テレビ版の決着を付けるための劇場版」なのではないかと思う。 テレビ版のアニメはいろいろ賛否両論あったけれども、いろいろ言われた説明不足な点や中途半端に放置してしまったところなどをこの劇場版で解決させようと頑張った感…

映画「ハドソン川の奇跡」

週末に映画館で映画を見るがルーチンになりつつあるこの初秋ですが、今週も映画「ハドソン川の奇跡」を鑑賞してきました。 クリントイーストウッド監督にトム・ハンクス主演とスタッフ見ただけでクオリティは約束された感じの映画ですが、果たして如何に。 …

映画「君の名は。」と新海誠作品と

見てきました。 さすがにもう公開4週目過ぎたこの映画を見に行く人もまばらだろう、と思って映画館に足を運んだら全然そんなことなくて、300席超えるキャパの箱がほぼ満員ってスゲーなと思いつつポップコーンをむさぼり食い鑑賞した感想です。 一応私は新海…

映画「聲の形」

映画「聲の形」見てきた。鑑賞時点で原作は未読。 映画『聲の形』主題歌PV さすが山田監督。さすがとしか言い様がない。映画を見終わって時間を確認して初めて2時間以上ある映画だって気がついた。 しかし、「けいおん!」あたりから山田監督の作品を見てき…

シネコンの上映方式と音響システムまとめ

映画館で見る映画が好きです。やっぱり、映画はできるだけ大画面かつ良い音響のシアターで見たいからです。 最近ではホームシアターに対抗して映画館側も「シネコンならでは」の映画体験をもたらすべく、様々な特徴のある上映方式や音響システムを導入してい…

シン・ゴジラを見た後で特撮怪獣映画を復習してみる

シン・ゴジラを鑑賞してから、改めて日本の怪獣映画を復習してみたくなり、AppleTV(iTunes Store)で鑑賞できる範囲で何本かピックアップして鑑賞してみました。 よくよく考えてみると、数十年ぶりに鑑賞して「こんな映画だったっけ?」というものや、初めて…

シン・ゴジラ見てきた

見てきました、シン・ゴジラ。 正直期待していませんでした。どうしてかというと、樋口監督作品だから。 樋口監督は特撮は良いのですが、ドラマを撮れない人なので心配していたのです。ヒューマンドラマがあったらどうしようとか、ラブシーンとかあったらど…

帰ってきたヒトラー

見てきました。面白かったー 流石話題の新作だけあって公開劇場は満員御礼状態。ミニシアター系でしかやっていないなんてもったいない映画ですよね。 ■映画「帰ってきたヒトラー」 http://gaga.ne.jp/hitlerisback/ 何が面白いって、この映画はお笑い要素も…

【今更レビュー】話題になっているのでガルパン劇場版を見てきた

アニメは放送終了後に何かのタイミングで一回見たくらいで「女の子が戦車に乗って撃ち合いするアニメ」というレベルのイメージで映画館に飛び込んできました。 「お前、軍艦とか護衛艦とかブログに書いてるくらいなんだから、ミリタリー詳しいんだろ?」とか…

【今更レビュー】天空の蜂と本木雅弘

評判が良い映画だったので見てきました。確かに社会派でありながら完成度が高いエンタメ映画ですね。 まず、この映画を見る前は「エンタメ映画」というのを前提に見に行くべきですね、さすが堤幸彦監督と言った感じで、エンターテイメント部分に抜かりは無い…

太平洋奇跡の作戦 キスカ

7月29日は1943年にキスカ島撤退作戦が実施された日。というわけで、東宝の戦争映画「太平洋奇跡の作戦 キスカ」のレビューです。久々の映画評ですね。 以前にTVでやっていたのを見た記憶があり、改めて見直したいと思っていた映画でした。そこで、たまたまAm…

永遠の0

映画館にはたまに足を運んでいるのですが、最近はなかなか感想を書きたくなる映画もなかったわけです。ですが、今回の「永遠の0」に関してはちょっと書いてみようかと。ちなみに原作は未読。 まずはじめに、この映画は予告と宣伝から初めは「第二次大戦の日…

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない

嫁と子供に内緒で見てきました。家族で一緒に見る勇気がなかったからです。。。 久々恒例の箇条書き感想、若干ネタバレありなので未見の方は鑑賞後にどうぞ。とはいえ、内容は基本TV版でそこにいくつかエピソード付け足したって感じでしたけどね。 ■ ■ ■ ■ ■…

激動の昭和史 沖縄決戦

突然思い立ったように久々の映画評です。それにしても、AppleTV&iTunesStoreは便利すぎるぜ。こんな名作映画を見たい時にすぐ見れるなんて。 監督:岡本喜八 脚本:新藤兼人 出演:小林桂樹、丹波哲郎、仲代達矢 さて、ふと気がついたのですが日本の戦争映画…

映画 けいおん!

大晦日の今日見に行ったのです。 さすがに公開から暫く経ったので人もだいぶ減っているだろうと思って行ってみたら。。。ほとんど箱が満席だったです。おいおい、どういうことだよ!恐るべしけいおん! まぁ、それはさておき映画けいおんの感想です。 正直、…

台風クラブ(1985)

久々に映画の感想書きます。しかし最新作でも何でもない「台風クラブ」、今から25年以上も前の映画です。でも、ある意味伝説の映画だから知ってる人は知っているという感じかな。 今回はAppleTV経由でのiTunes映画レンタルで見ました。最近iTunesの映画ライ…

「HAYABUSA - BACK TO THE EARTH」

今年一番の泣ける映画はこれで決まりですね。 しかし、はたしてこれが映画か?というとちょっと違うかも知れません。街の映画館ではどこもやっていませんから。しかも全天周映像というプラネタリウムでしか見れない番組。でも、同じ映像作品ですからね、比較…

ハッピーフライト

矢口映画のファンではありますが、正直ここ数作の「成し遂げ系青春映画」で大成功してきただけに、監督にとっては新たなチャレンジとも言える飛行機モノの映画で成功できるのか期待半分・不安半分で見に行ってきました。 いやはや鑑賞後の今となれば恥ずかし…

レッドクリフ Part1

久々に公開初日に映画を見に行ってしまいました。「レッドクリフ Part1」。 中学生の時、友人に勧められ図書館で借りて読んだ吉川英治の「三国志」。えぇ、ハマりましたとも。寝食忘れずに没頭するとはこういうこと、という見本のようなハマりかたをしました…

スウィングガールズ Blu-ray版

そういえば、amazonで予約していた「スウィングガールズ」のブルーレイ版が今日届いていました。 いやぁー、綺麗ですね。実は我が家初のBlu-rayディスクなのですが、37型プラズマTV+PS3で再生しても非常に綺麗です。あ、HDMI接続でね。 DVD版も持っているの…

容疑者Xの献身

原作も読んでないし、テレビのシリーズも見てないんですが何となく気になって見に行ってしまいました。東野圭吾原作の「容疑者Xの献身」です。 まず率直な感想としては重厚な人間ドラマを見させてもらったな、の一言に尽きますね。もっとテレビっぽい演出、…

パコと魔法の絵本

待ってました中島哲也監督の「パコと魔法の絵本」。下妻、松子とずっと見てきたお気に入りの監督作品だけにとても期待して見に行きましたよ。 ポスターだけ見るとなんだかお子様向けのお伽噺の映画化みたいな感じでちょっと不安だったのですが、、、 初めに…

20世紀少年

引き続き「20世紀少年」も見に行ったので感想など。。 これも原作未見で、一応wikiで大まかなストーリー(結末まで!)は以前に見たことがありどんなことが起こるのかくらいは知っていたのですが、別にそれ以上のこともなくてちょっと拍子抜けだったかも。 …

デトロイト・メタル・シティ

実に久々にに映画を見に行ってきました。「デトロイト・メタル・シティ」です。ちょっと公開日からは間が開いちゃいましたが、未だに興業は好調なようで公開1週間後のレイトショーの客席がほぼ満席になるくらいでしたよ。 原作の漫画は全くの未見だったので…

「スウィングガールズ」ついにブルーレイで発売

あの矢口監督の名作「スウィングガールズ」がブルーレイディスクで発売されるようですね。10/24発売だそうです。ちょうど新作の「ハッピーフライト」公開とタイミングを合わせての発売です。 2004年公開の映画ですからすでにあれから4年が経ってるんで…

アフタースクール

久々に映画感想の投稿ですよ。半年ぶりくらいかしらん?とにかくここ半年の邦画は不毛といっても差し支えないほどのどうしようも無さだったが、やっと面白い作品が出てきましたね。素直に嬉しいです、ハイ。 で、内田けんじ監督の「アフタースクール」ですよ…

日本インターネット映画大賞(2007年)

さて、昨年鑑賞した映画を振り返ろうと思ったのですが、ちょうどよい催しを発見したのでこの映画賞の応募フォームを利用して2007年の映画を振り返りたいと思います。当然、せっかく書いたので映画賞にも応募しておきますが。 今回は日本映画部門を載せます。…

転々

今年の正月映画はハズレばっかだなぁ。と、思いつつこの年末年始に映画館に足を運ぶことはほとんどありませんでした。部屋でヌクヌクとPLAYSTATION3三昧でした。 これではいかん!ということで前から見たかった「転々」がお気に入りの近くの映画館でやっと上…

ALWAYS 続・三丁目の夕日

あれだけ好評だった前作の続編というとどうしても不安(なにせ過去の経験から導き出されるものだけにタチが悪いわけだが)が先に立ってしまうものですが、そんな複雑な感情を孕ませつつ見てきました。 結論から先に言ってしまうと「なかなかどうして、いいん…

「夕凪の街 桜の国」 その2

ちょっとこの映画のことを調べていたらこんな記事を見つけた。 ■PRONWEB WATCH 「佐々部監督のオフィシャル日記には、大手メジャー会社から“地味で売り辛い”と、ことごとく配給を断られ、大手配給でないのならと去っていった俳優もいるなど残念な言葉が見ら…

夕凪の街 桜の国

さて、お盆に見た映画、その2です。またもや邦画「夕凪の街 桜の国」です。 この映画は広島に原爆投下後から現代に至るまで連綿と繋がるある家族の「生命の連鎖」のなかでの原爆の悲劇を紡いだお話しです。ストーリーの中ではその悲劇が原爆を原因とする物…

天然コケッコー

お盆に1日だけ休みが取れたのでその日は映画三昧にしました。このクソ暑い日はインドア系の娯楽に浸るのがベストですよね。 というわけで、まずは「天然コケッコー」です。 映画のレビュー記事をいくつか読んでから見に行ったので、どんな映画かおおよその…

キサラギ

初めて印西にあるシネリーブルに行ってみた。バカでかいジョイフル本田の隣になにやらひっそりと営んでいる映画館がシネリーブルなのだが、入ってみるとこれがなかなか素敵なシネコンなんですな。座席が広くて快適鑑賞可能。うちから車で1時間が悩みの種で…

大日本人

見てきました。松本人志監督で話題の「大日本人」。ネットでどんな評判なのか先に調べて見に行ったんですが、なんか評価は真っ二つに割れているようですね。 この映画に何を期待していくか、でだいぶ捉え方が違ってくるような気がします。 まぁ、あんまりそ…

バベル

久しぶりにBlogに帰ってきました。 半年近く書いてなかったのですが、またぼちぼちと再開しましょう。 さて、いろいろと話題の映画「バベル」です。 実はこれ映画館で見たわけではないです。 3月に国際線の飛行機の中で見ました。 まず、はっきり感想言って…

硫黄島からの手紙

前作「父親達の星条旗」を見て以来、楽しみにしていた「硫黄島からの手紙」を見てきました。硫黄島の戦いを日米両方の視点から見た、本作は日本側からの視点でのストーリーです。アメリカ人のクリント・イーストウッドに何処まで当時の日本人を描けたのかと…

ALWAYS 続・三丁目の夕日

昨年公開された映画「ALWAYS 三丁目の夕日」続編の制作が発表されましたね。まぁ、これを聞いて皆さん思うところはいろいろあると思いますが、個人的には「やっぱり作っちゃうのかぁ」と言う感じです。 これだけ成功した映画ですから続編制作はスタッフにと…

手紙

直木賞作家東野圭吾の原作「手紙」を映画化した本作。正直、この原作どころか東野圭吾の小説すら読んだことのない人の映画観賞後の感想なので、そのあたり理解の上この後をお読みくださいませ。 この映画は強盗殺人を犯してしまい服役中の兄[玉山鉄二]がいる…

虹の女神 Rainbow Song

さて、今度は邦画です。「虹の女神 Rainbow Song」を見に行って参りました。岩井俊二プロデュースってことで前評判が高かったですね。岩井俊二監督の作品と言うことなら「四月物語」とか「花とアリス」とか好きな映画なのですが、プロデューサーとしてはどう…

父親たちの星条旗

久々に公開初日の映画を見て参りました。クリント・イーストウッド監督の最新作、「父親たちの星条旗」です。おなじみ幕張シネプレ10番スクリーン(THX館)です。話題作だけあってかなりのお客さんが入ってましたね。 クリント・イーストウッドがこの映画の…

ワールド・トレード・センター

見に行って参りました「ワールド・トレード・センター」。幕張シネプレックス10番で鑑賞です。THX+DTSの音響は果たしてこの映画に活かされたのか? ここ最近9・11テロ関連の映画が続きますね。題名を見ておわかりのようにこの映画は、当日飛行機に突っ込ま…

フラガールとリトル・ダンサー

現在公開中の「フラガール」を見てから、無性にもう一度見たくなった映画があったのです。それが「リトル・ダンサー」。早速、ツタヤで借りて鑑賞してみました。 知っている人は「なるほど」と思うだろうけど、知らない人のために言っておくと、この映画は5…

10月に見たい映画

今月公開の注目している映画をピックアップします。今月は後半に結構良い映画が公開されるようですよ。 ■父親たちの星条旗(10/28公開) 今月の一番の注目株はこれでしょう。 第二次世界大戦の硫黄島での戦闘を日米両国の立場から描いた米国版がこれになるわけ…

夜のピクニック

恩田陸原作の「夜のピクニック」見て参りました。先月の見たい映画に挙げていた中では「フラガール」に続く二本目になります。 原作はある程度目を通していたのですが、この映画においても青春時代を描く独特のあの何とも言えない雰囲気はそれなりに再現され…

かもめ食堂

かもめ食堂がレンタル開始ということで早速近所のツタヤで借りて鑑賞してみました。映画館で見たかったんですけど見逃してしまったんですよね。 そもそも、この映画って小林聡美ともたいまさこがキャスティングされている時点で私はすっかり「やっぱり猫が好…

フラガール

本日はかなり久々の映画館での映画鑑賞でした。それもそのはず、ここ最近は日本●没とか●ド戦記とかとんでもB級映画をこれでもかと見せられていたためここしばらく映画が嫌いになってました。 「あぁ、邦画もこれでおしまいか」とすら思ってましたしね。 で、…