読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAYDREAM

白日夢を徒然なるままに

フラガール

本日はかなり久々の映画館での映画鑑賞でした。それもそのはず、ここ最近は日本●没とか●ド戦記とかとんでもB級映画をこれでもかと見せられていたためここしばらく映画が嫌いになってました。

「あぁ、邦画もこれでおしまいか」とすら思ってましたしね。

で、今日はそのリハビリをかねて「フラガール」の鑑賞でした。おかげさまで今ではすっかり映画嫌いも完治し、次の映画を見る元気が再び沸いてきているところです。

この映画の詳細はこちらを参照して頂くとして、各方面絶賛のこの映画ですが、なるほどかなり良質なドラマになってます。言うならば重厚な「スウィングガールズ」、もしくは妙にハワイアンな「ブラス!」という感じでしょうか。

泣かせどころも多々あるのですが、その辺あまり押しつけがましさがないのもポイント高いですね。ほろりと来る感じです。

私はこの映画を「松雪泰子が扮する平山まどか先生の成長物語」として見ていました。蒼井優をメインに見る見方をする人が大半だと思いますが、むしろ彼女らフラガール周辺のエピソードがあるからこそ、まどか先生の成長が説明できるのだと思うのです。

結局、人を変えることが出来るのは人の意志とか優しさなんだってことかと。ありがちなテーマですが、ここまで完成度の高いドラマとして昇華させるのは並大抵なことではないですよ。

それにしても最後の蒼井優ダンスはスゴいですね。常磐ハワイアンセンター、今のスパ・リゾートハワイアンには未だに行ったこと無いですが、これだけのダンスが見れるのなら行ってみたくなりました。

とにもかくにも超お勧めな映画です。こういう映画こそヒットすべき。