読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAYDREAM

白日夢を徒然なるままに

ワールド・トレード・センター

映画

World_trade_center 見に行って参りました「ワールド・トレード・センター」。幕張シネプレックス10番で鑑賞です。THX+DTSの音響は果たしてこの映画に活かされたのか?

ここ最近9・11テロ関連の映画が続きますね。題名を見ておわかりのようにこの映画は、当日飛行機に突っ込まれ倒壊したワールド・トレード・センタービルで奇跡的に生き残った人の実話を元に構成されている映画なのです。

主人公は2人の港湾警察官で彼らがテロ後にWTCに行くところから救助されるまでのお話しなのですが、監督オリバー・ストーンは結構生々しくドキュメンタリー的なタッチでそれらを描いています。

映画全体を終始包み込んでいる重苦しい雰囲気・・・・生き埋めになった2人の生きる希望を模索しつつもやるせない会話、その家族の苦悩など見ているこっちが押しつぶされそうになるくらいでした。

期待している人もいると思うので言っておきますが、はっきり言って映像的な見所は少ないです。あの惨状を写す場面は幾つかありますが、そこにそんなに長い時間をかけていません。特にWTCが倒壊する場面は皆さん良く憶えているでしょうが、この映画では重要なきっかけなのに出てきませんね。やっぱりこのあたりは今になっても多くの人が見る映画で使うのは難しいのでしょう。

映画の後半で救出されるシーンが救いですが、ちょっとこのあたりの演出というか人物関係がよく分からなくて混乱しました。あのゴツイ海兵隊員は一体何なのでしょうか?救助する側を描きたかったのでしょうが猛烈に中途半端で気になりました。

結論的には悪い映画ではなかったですがスゴく良い映画でもないです。っていうかそういう風に判断する映画じゃないですね、これは。9・11テロ事件をベースに家族愛とか救助隊の自己犠牲の精神に感銘する映画みたいです。