読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAYDREAM

白日夢を徒然なるままに

AppleTV(前編)

さて、ついにAppleTVのレビューをするときがやって来ました。しばらく使ってみて、その真価がいかほどのものなのか評価してみましょう。前編は全体的な機能について、後半はAirPlayなどの他の機器との連動について述べてみます。

うちのTVはPanasonicビエラ(P50V1)ですが、AppleTVと同等の機能はすでにTVにおまけ機能として付いてきています。YouTube視聴、映画レンタル、DLNAによるPCとのAVコンテンツ共有機能(注:AppleTVはDLNAによる共有ではない)などなど。

では何故そこでAppleTVなのかですが、ビエラのそれらの機能はあくまでおまけで御世辞にも使いやすいとは言えないのです。TVのリモコンベースでの操作と貧弱な処理能力で使っているうちにくじけてしまうわけですよw

その点、AppleTVはiPhoneiPadと同じCPUを使っており快適なユーザーインターフェースを提供してくれています。シンプルなリモコンでの操作もなかなかやり易いです。

以下、まとめると。

【気に入ったところ】
 -価格が安い
 -映画レンタルで洋画が比較的充実している
 -アクトビラよりレンタル料金が安い
 -YouTubeがフル画面で見られる
 -iTunesMobileMeとの連携が簡単。音楽、ビデオ、写真の共有がすぐできる。
 -AirPlayは便利すぎてヤバい。
 -iPhone/iPadでのRemoteアプリでコントロール可能
 -ユーザーインターフェースが快適

【いまいちな点】
 -映画レンタルの邦画やドラマの数が少なすぎ。全体的な品揃えもまだまだ。
 -Remoteアプリ使わないと日本語入力ができない
 -リモコンは赤外線ではなく、Bluetoothにしてほしかった
 -スクリーンセーバーもっと種類増やして!

ってとこですかね。

レンタルビデオの画質はHDを選べば解像度720pでDVD以上、ブルーレイ未満って感じでデジタル地上波並みというところでしょうか。まぁ、ネットレンタルならこんなものかと。個人的にはこれで十分ですが、画質命の方はレンタル屋さんでブルーレイ借りてください。

また、レンタルした映画のダウンロードですが、AppleTVでレンタルするとダウンロードしながら再生できるのであまり待たなくていいです。でもやはり光などの高速な回線があったほうがいいでしょう。

続きは後編へ