読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAYDREAM

白日夢を徒然なるままに

Mac周辺機器Bluetooth化計画

先日のApple Wireless Keyboard導入から口火を切ったMac mini周辺機器のBluetooth化ですが一気に進めることにしました。さて、吉と出るか凶と出るか?

■マウス ロジクール M555b

以前はマウスといえばマイクロソフト製を使っていたのですが、最近はすっかりロジクール派です。

近頃主流の光学式のマウスは使う環境によっては「ポインタの飛び」が気になるケースが結構あって、ロジクールレーザーマウスはこの飛びが非常に少なく安定した操作性をもたらしてくれるので気に入っています。デザインも小型でカッコイイものも多々あるので、この辺りやや大柄で無骨な物が多いマイクロソフト製のものと比べるとアドバンテージかと思います。

で、今回選択したのがM555bです。

うーん、前に使っていたM505と比較するとカーソルの動きに関して全体的に動きの粒度が粗いというか、やや滑らかさに欠ける感じがしますし、Macとマウスの間に遮蔽物があるときに特に顕著なのですが、ホイールスクロールやカーソルの動き出しにタイムラグがたまに見受けられます。まぁ、M505が名機すぎたって話もありますが、ちょっとこの辺り物凄く気になりますね。

マウスとしての質感はマズマズですね。M505が落ち着いた非常に良いデザインでしたが、M555bも落ち着きのあるデザインです。

■ヘッドセット サンワサプライ MM-BTSH33BK

我が家のMac miniから出ている「おぞましきケーブル」が2本あります。1本はオーディオ出力端子に刺さっているヘッドホンAKG K121 STUDIOと、USB端子に接続されているサンワサプライのヘッドセットです。

こやつらのケーブルは長くて邪魔、シンプルでスマートなデザインのMac miniがケーブルまみれになっているのは由々しき事態です。

ただ、さすがにヘッドホンの接続を無線化するは音質や信頼性との兼ね合いで無理(さすがにAKGのヘッドホン並みの音質を持つBluetoothヘッドフォンは無い)と判断したので、ヘッドセットの方をBluetooth化することにしました。

結果としては大失敗。コイツを窓から投げ捨てたい。。。結構いい値段したのに。

なんというかSkypeで使ってみたのですが、USB接続タイプのヘッドセットよりも音声クオリティが大幅に落ちるというか、まるでアナログ電話のようなショボイ音声にびっくりしてしまいました。iTunesで音楽を聞いてみても安物イヤホンにも劣るんじゃないかという音質ですね。

Skypeのせいじゃないのかもしれませんが、USB経由とBluetooth経由でこんなに通話音声のクオリティが変わってしまうのは問題だと思うなぁ。Skype英会話で使ってみても「音悪いよ」と言われたり会話できなくなったりと散々でしたので、リアルに投げ捨てようと思います。

#逆に言うと今Bluetoothのヘッドセットを使っている方は、USB接続のものに変えると劇的に音質が良くなることが期待出来ますので、取り替えたほうがイイですよ。

ぐぬぬ、なんかWireless Keyboard以外はイマイチな感じですね。Bluetooth規格そのものがいろいろ微妙な感じがしてきた。。。