読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAYDREAM

白日夢を徒然なるままに

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない

嫁と子供に内緒で見てきました。家族で一緒に見る勇気がなかったからです。。。

久々恒例の箇条書き感想、若干ネタバレありなので未見の方は鑑賞後にどうぞ。とはいえ、内容は基本TV版でそこにいくつかエピソード付け足したって感じでしたけどね。

・端的に言うと「あの花ファン」向けムービーだったと思う

・TV版と違い時系列で話が進むわけでなく、1年後のあの5人の視点から回想的に話が展開するのでTV版で放映されたエピソードのぶつ切り感が半端ない

・例としてゆきあつはいきなりめんま扮装シーンから始まるのでちょっと可哀想&初見の人は意味不明だ(笑

・とはいえ、この手の映画はTV版見た人がほとんどだろうからそれでOKなのかな

・TV版を知っていると序盤から感動曲線を高く持っていけると思う

・でもやっぱり半分以上はTV版からの話なので目新しさはあまりない

・追加された子供の時のエピソードがTV版の話を補完していて非常に良かった。この部分と現在の対比があの花の真骨頂だと思うから。

・具体的にはじんたんがめんまを仲間にする話と子供の時のかくれんぼの話はTV版にも入れておくべきだったと思うぞ

めんまの「外国人」の話は自分を投影しての話だよね。このエピソードは良かった。

・あなるがギャルから普通のきれいなお姉さんになってた。あの友達とは縁を切ったのかな?

・ってか、1年経ってあなるはじんたんにまだ自分の気持ちを伝えてなかったのか?らしいと言えばらしいけど

・ゆきあつは相変わらずだった

・じんたん痩せた?

・なるほど、「お芋」のような食べ物に生まれ変わって失敗したと思っても、食べられちゃえばまたすぐに別のものに生まれ変われるね

・正直、TV版の内容をあんなに使ってくるのはちょと意外だった。1年後とかじゃなくて5年後くらいの話にして、あの5人がめんまを通じてどういう風に成長していったのかとかもっと見せてくれても良かったと思う。

■■■■■■■■■

宮崎駿が言うように過剰な演技やいかにも狙ったような演出が最近のアニメでは多く見受けられる中で、あの花は珍しく抑制の効いた演出とノスタルジー溢れるストーリーで多くのファンの心をを掴んだのも納得のアニメかと。

アニメーションは日本が得意とするメディアの一つだと思うので、今後もっと多種多様なアニメが世に出てほしいと思うわけです。もちろん、あの花のような大人の鑑賞に耐えるのももっとよろしくお願いします。