読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAYDREAM

白日夢を徒然なるままに

電子書籍をKindleとiTunes/iBooksどちらで買うか

今回は電子書籍の話でも。

ここ最近何冊か電子書籍を買いました。KindleiBooks両方でです。

やっぱり電子書籍は便利でいいですよね。Kindle/iBooks両方共iPhoneに落として空き時間に読めるし、購入も簡単。やっぱり一番はかさばらないってところが良いです。

しかし、漫画を電子書籍で読み始めると止まらないのはマズイなぁw

漫画はどんどん読めてしまうし、次の巻も簡単に買えてしまうので電子書籍と非常に相性が良いですね。しかも本棚のスペースを圧迫しないなんてステキ過ぎるぜ。お陰で手塚治虫の漫画読みまくりです。

さらに、iBooksだとApple製品上のすべてのiBooksアプリで読めるのでコレまた便利。PC/Mac上での購読は今のところKindleじゃ一部を除いて出来ないですからね。iTunesの曲と同じように自分のApple IDを登録した5台までの機器にすべてダウンロードOK。

注)Kindle Cloud PlayerでブラウザからKindle Storeで買った電子書籍が読めるようになりましたが、日本ではマンガや一部書籍のみ対応で文庫本などは対応していません。これはPC/Mac両方同じです。

スマホiPadなどではなく、大きな画面で読めるって魅力的ですし、Mac上でネットや仕事している時でも文書作成しながら同じ画面で書籍を参照したりできるので、解説書やビジネス本がもっと増えれば便利かもと思いました。

さらにブックマーク(しおり)も機器間で自動的に共有するので、自宅のMacで読み始め出先はiPhoneで続きを読む、なんてことも普通にできちゃいますしね。

なので、Mac/iPhoneユーザーとしてはiBooksの利便性を享受するためになるべく電子書籍を買いたいです。が、どう見ても書蔵数ではKindle優位ですし、お値段もKindleの方が若干安いので何とかして欲しい所。まぁ、個人的にはApple製品全てで読めるメリットがあるので、金額差以上のメリットがあると思っているので良いのですけど。

Kindleもどの機器でも関係なく読めるようになれば良いのですけどね。Amazonの頑張りにも期待したいと思います。

<2015.2.13>

ついにMacでもKindle for Macが使えるようになりました!

これでMacユーザーも気兼ねなくAmazon電子書籍を買えるようになりました