読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAYDREAM

白日夢を徒然なるままに

ボディコーティング不要論

あー、今週末も雪でクルマを駆り出せないですねー。残念。

ところで、昨日の大雪さなか夏タイヤのまま都下を走っているクレイジーなドライバーをかなり見たのですが、ほんと危ないからヤメていただきたい。周りを巻き込む事故を起こすのはだけは勘弁ですね。

さて、今回はボディーコーティングの話です。

車を買うときに割と悩む要素の一つとして、「ボディコーティングするか、しないか」ってあるんじゃないでしょうか?実際に車を買おうとする知人から何度か相談されたことがあります。

個人差があるのでしょうが、私の感覚として「コーティングする必要はない」です。

過去に1台だけ新車で購入したクルマにコーティングをサービスしてもらったことがあるのです。確かに見た目ピカピカだし、初めのうちは洗車が楽だったのかもしれません。

でも、価格分のメリットとその後のメンテ費用とのバランスを考えると、本当にやってよかったのがどうかはものすごく微妙で、実際ほとんど効果を実感できなかったのが実情。っていうか、コーティングするとその後定期的に維持するための面倒なメンテナンスと決して安くない費用が掛かることを知らない人が結構いますよね?!

それなりの期間野ざらしで使用するクルマが多少傷ついたり経年劣化するのは当然ですし、今どきの塗装はコーティングに頼らなければいけないほどヤワじゃないですし。

だってこれを読んでいる人も考えてみて欲しいのですが、コーティングしている車としていない車見分けられます?また、そんなこと意識しながら他人の車を見たことあります?

なので、その後購入したクルマ、今乗っている116i含めボディコーティングは一切行っていません。自動洗車機のワックス洗車で十分。それで見た目汚いと言われたことも思ったこともないし、買い取り評価額が落ちたこともないです。

そうそう、自動洗車機。これ、人によっては非常に毛嫌いしますね。でも、私からしてみたら手洗いする手間と時間を考えたら大いにアリな洗車方法です。特に冬の寒い時期や真夏の炎天下で手洗いとか、そこまでしなきゃいけないんですかね?

個人的には洗車にネチネチ時間を費やしているくらいなら、その分ドライブしていたい人です。愛車を綺麗にしてあげたい気持ちもよくわかりますが、乗ってあげてこそ車なのではないでしょうか。細かい傷が付くとか、そんなの洗車機にかけなくても普通に乗っていれば当たり前のことで、いっそのことずっと屋内で展示してればと思います。

ま、悪く言うと自己満足、良く言うとクルマへの愛が試されるオプションとして今後も君臨するのでしょうが、以後私が買う車にコーティングを実施することはないです(キッパリ