読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAYDREAM

白日夢を徒然なるままに

ApertureからLightroomへ

Mac カメラ 写真

しばらく前に発表されたAppleの写真管理・編集アプリであるApertureの開発中止を受けて、乗換候補であるLightroom5をインストールしてApertureのライブラリ移行が上手くいくか試していました。あとはいろいろ機能の確認とかも。

でも、よくよく考えればApertureは開発が終了するだけですぐ使えなくなるわけではないし、ライブラリそのものはたとえAperture3が今後のOSバージョンアップ等で使えなくなっても、iPhotoやそろそろリリースされるであろうPhotosに流用できることが分かっているので、無理に移行する必要は無いんじゃないか、という結論に。

なので、過去に撮影したライブラリは移行せずにApertureにそのままで、将来的に見たいときはPhotosで鑑賞。今後新しく撮影した写真はLightroom5での管理・現像に移行していくという形にしました。

ところで、Lightroom5をしばらく使ってみたところからAperture3との違いに関して述べてみたいのですが、例えばAperture3の良いところは、、、

・直感的でわかりやすい写真管理

・フルスクリーンでの編集

・充実のフォトブック機能

一方、Lightroom5の良さは、、、

・レンズ補正機能

・強力なノイズリダクション機能

・好きなところまでUNDOできる編集機能

・Upright(自動水平・垂直補正機能)

感想としては概して現像・編集機能などはLightroom5の方が多機能かつ強力、写真管理やフォトブック作成に関してはAperture3の方が優れている感じです。

まぁ、この結果は予想通りなので意外性はなかったですが、なにぶんAperture3はLightroom5に比べると機能の見劣りが著しく感じられました。Aperture3が出始めの頃はそんなこと無かったのですがねぇ。。。