読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAYDREAM

白日夢を徒然なるままに

ランサーエボリューションの終焉

■三菱「ランエボ」生産終了へ、10代目販売急減(読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150410-OYT1T50101.html

そうですか、ついにランエボ終了ですか。

20年近く前はWRCラリーカーのベースカーとして一時代を築いた(ランエボIIIやIVあたりが特に)感のある車なだけに寂しい限り。ライバルだったインプレッサSTiとの激しい馬力/トルク競争や画期的な駆動系のメカニズムなどメーカーの威信をかけて競争していたあの時が思い起こされます。

私は完全にインプレッサ派(実際にGDBCインプSTiに乗ってた)で、ランエボのAYCを代表する電子制御の脚に抵抗感を感じていたので、ランエボ使いを機械に助けられて走っている奴らと思っていたところがありましたからねぇ。

まぁ、それらも今から考えるとまことに大人げない

お恥ずかしい過去です(^^;

でもまぁ、もう日本にこういう車を買う余裕のある人って少なくなっているのかもデスね。新車のエボIVを20代そこそこだった私の友人が長大なローン組んで買っていましたが、今そんなことする若い人はあまりいないのでしょう。

さらに、今では400〜500万円もする車になってしまったみたいで、さすがにこの価格では多くの人は手が出ないでしょうからね。

あの、いかついリアウイングが今後見られなくなっていくと寂しいと思うと同時に、車に求められていくものが変わっていく時代の流れを感じずにはいられないのです。