読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAYDREAM

白日夢を徒然なるままに

Appleはいつも革新的な企業ではない

こんな記事を見つけた

■最近のApple製品はWindowsよりも消耗しないけどただそれだけである(MIKINOTE)

http://www.mikinote.com/entry/apple-saikin

おいおい、Appleに期待しすぎ。

これだからiPhoneとかから入ってきた新参Apple製品ユーザーには困ったものだよ。

Apple歴20年をそろそろ超えたこのお兄さんが、そうじゃないことをいろいろ教えてやろう。

まず、Apple製品は革新的とかいろいろ言われてるけど、今までかなり失敗をやらかしているということを知らない人が多すぎる。ここ最近のiPhoneiPadMacBook ProAirAppleの全てじゃないぞ!

Jobsが登壇していたときの基調講演だって、聞いてて何回ずっこけたか分からん。

この人はiPodが初めて発表されたときのえも言われぬ微妙な空気とか知らないんだろうな。この「ずっこけ」を楽しめるようにならなければ真のAppleファンとは言えないね。

iPodは後に一世風靡する音楽プレイヤーに成り上がったけども、むしろiPhoneとか初めから人気爆発の方が特殊なんだってこと。

とはいえ、Jobs復帰以前のApple製品は本当にダークサイドに落ちた暗黒製品ばかりになってしまうので、Jobs復帰後の微妙な製品群を見てみよう。

■初代iMac 「フラワーパワー」「ブルーダルメシアン

そう、Jobs復帰直後に一大センセーションを巻き起こした初代iMac

確かに出始めのボンダイブルーを初めカラフル(キャンディーカラーと呼ばれていた)なiMacは無機質な色ばかりだったパーソナルコンピューターに一石を投じた画期的な製品だった。

周辺機器もトランスルーセント(半透明)が大流行して、半透明じゃなきゃiMacの周辺機器じゃないくらいの勢いだった。USBもこの頃からでしたね。

しかし、もうみんな黒歴史で忘れてしまったかも知れないが、iMacのカラーバリエーションに「フラワーパワー」とか「ブルーダルメシアン」とか柄付きのモデルがあったのを覚えているだろうか?

Imac

左上:フラワーパワー 右上:ブルーダルメシアン

あぁ、そう言えばこれらって幕張のMacWorld Expoで発表されたのよね。その現場に立ち会っていたのだが、会場が微妙な雰囲気だったのを忘れない。もちろん発表したJobsはドヤ顔でしたよ。

Power Mac G4 Cube

ありましたねぇ、今で言うMac miniのご先祖様的な存在?

実はこいつ、発売開始からおよそ1年で生産終了した短命モデルだったんですよ。知ってました?奥さん。

PowerMac Cube.jpg
"PowerMac Cube" by User:Uelef - Own work. Licensed under Public Domain via Commons.

原因は拡張性の無さ、電源ボタンの不良問題、そして見栄えを損ねるモールドライン(外装のポリカーボネート形成時にできてしまう線)などなど問題が多かったのを覚えています。

デザインとしては確かに革新的だったのですが、製品としてのクオリティに大きな問題があったのですよ。コレはイカンですよねぇ。

iMac(二代目)

いわゆる、大福iMacのことですね。Jobsは「ひまわり」とか言っていたようですが。

IMac G4 Generations.jpg
"IMac G4 Generations" by Omega21 - Own work. Licensed under CC BY-SA 3.0 via Commons.

人によってデザインの好みとかあるとは思うのですが、私はいまだにこのモデルのiMacをカッコイイとかクールとか思えません。

eMac(初代)

覚えてます?eMacのことを?

Apple-eMac-FL.jpg
"Apple-eMac-FL" by Evan-Amos - Own work. Licensed under Public Domain via Commons.

もともと教育市場向けの製品だったのですが、それを一般向けに販売したのがこのeMacです。どうですかこのデザインの味気なさ。初代iMacぽいけど、大量販売前提の教育市場向けコストダウンがもろに出ている感じです。

なにも一般販売しなくても良かったのではないかなぁ。

以上、10年以上前のMacの暗黒面をご紹介しましたが、こんな製品も作ってたんですJobs復帰以降のAppleでも。Appleは革新的とかカッコイイとか最近のAppleしか見てない証拠ですってば。

逆に言うとこういう失敗とチャレンジをしてきたから今がある、と言うことも出来ると思うんですよね。JobsがいつもiPhoneみたいな製品ばかり出していたかと言えば、そうでもないんですよ。

むしろ最近のAppleに対して私が思うことは、商売的な巧さやビジネスモデルの構築はスゴいし、全体的な製品品質もサポートも初期販売数も安定してるし、よくぞここまでまともな会社になった、の一言です。10年以上前はホントに酷かったんですってば、、、