読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAYDREAM

白日夢を徒然なるままに

Amazonプライム会員を辞めてみた

Amazonのプライム会員を更新せずに辞めました。

ここ最近のサービス充実振りは目を見張るモノがあり、なんで今辞めちゃうの?という感じですが、正直言って3,900円の年会費払うだけのメリットは今の私にはありませんです。

その理由を以下に挙げます。

■プライムビデオ

「見たいモノがない」まさにこれ。内容の充実度という意味ではまだまだだと思う。これなら、都度数百円出してAppleTVで新作映画見た方が良い感じ。

ただし、メリットとしてストリーミングではなくダウンロードでの再生になるので、ネットの繋がらない環境などに持ち出して見る場合はプライムビデオは使い勝手良いです。

オリジナルドラマにもこれから力を入れるとのことですが、まだ未知数なのでなんとも言えず。

■プライムミュージック

今更、資産を大量保存しているiTunesとの連携考えてないサービス使うことを想像できない。結局全く使うことがなかった。

Kindleで月一冊無料

プライム会員だと「対象の本」から月一冊無料で読めるけども、しばらくするとそんなサービスあるの忘れる。つまり、読みたい本無いとそのうち使わなくなる。

■写真を無制限に保存可能

写真のバックアップ先としては良いサービスだと思う。けれど、iPhoneレベルの写真なら何もしなくてもiCloudや写真アプリで保管、連携できるし、一眼デジカメレベルの写真だと1枚の容量デカいしRAW使っていると管理が面倒なので、こちらの保管には外付けHDD使った方が圧倒的に良いです。

お急ぎ便、実はいらないしむしろ廃止した方が良い

確かにお急ぎ便は便利なサービスだ。でも、辞めてみて分かったのは、「実はそんなにお急ぎ便にしてまで早く欲しいものなんて無い」ということ。よく考えて欲しい、ホントにその買い物は急ぎなの?

特に首都圏に住んでいると、通常便でもお急ぎ便とあまり変わらない感覚です。よほど在庫が遠くの倉庫にあるモノで無い限り、大概翌日には配送されるからです。社会人だと昼間配達されても在宅してないから、お急ぎ便使っても持ち帰られたり宅配BOX行きの人がほとんどでしょ?意味ないじゃん。

運送会社の負荷も考えてお急ぎ便にしたり、日時指定するの極力しないことにしてます。てか、これらってサービス過剰だと思いますよ。こういったサービス享受したいのなら最低一個あたり1000円くらい余計に運送費取らないと割に合わないでしょうに。

ということで、プライム会員辞めて数ヶ月経ちましたが後悔していません。

でもまぁ、今後もっとサービスを充実させてくると思うので、「使いたい!」と思わせてくれたらまた復帰すると思いますが。

また、こういった定額課金モデルのサービスは課金額が比較的少額なのもあり、いつの間にかいくつも入っていたりして、たまに見直さないと結構な金額払っていたりします。今回その見直しの一環でのリストラです。