読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAYDREAM

白日夢を徒然なるままに

シン・ゴジラ見てきた

映画

見てきました、シン・ゴジラ

正直期待していませんでした。どうしてかというと、樋口監督作品だから。

樋口監督は特撮は良いのですが、ドラマを撮れない人なので心配していたのです。ヒューマンドラマがあったらどうしようとか、ラブシーンとかあったらどうしようとか(笑

でも、見た後に思うと完全に庵野総監督の作品でしたね。もう作品後半はエヴァンゲリオンかよこれ?!って感じでしたから。あと、人名と兵器名の明朝体テロップの嵐もね。

そうそう、肝心のゴジラですけど、1954年公開の初代ゴジラの系譜を踏襲しているかと。いわゆる悪役のゴジラで、おそらくこの映画のテーマ的にもそれでいいんじゃないですか。

実は私、ゴジラはそれなりに見てはいましたが、そんなに好きというわけでもない。かつ、エヴァンゲリオンを面白いと思ったことがない人なので、人に連れられなければ見に行くことはない映画でした。ですが、わからないもので、ここ最近見た映画で一番の出来が良いのではと思いましたね。ハリウッド版ゴジラより好きです。

と言うわけで、恒例の一口感想箇条書きです。

・大人向けのゴジラ。台詞回しがやや難しい

・パニックものと言うよりは、災害ものという印象

・海自は対地攻撃能力ほぼ無いので、良いとこを米軍に取られて泣いた

・政府の対応はとても「らしい」。現実vs虚構ってまさにその通りですわ

ヤシマ作戦ぽい?

・賛否両論あるようですが、伊福部昭のオリジナル音楽使っているのが良いです。さすがに怪獣大戦争マーチは気分が高揚します

・私は好きですね、このゴジラ。まさにゴジラは人知を越えた脅威の象徴。最近の日本の現状を見ているとゴジラの比喩的な側面を意識せずにはいられない作品

・ハリウッドは宇宙人が攻めてくる系が好きだけど、日本人はやっぱりゴジラよね。もはや八百万神の一人ですわ、ゴジラ