読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAYDREAM

白日夢を徒然なるままに

チリ海軍「エスメラルダ」&護衛艦「まきなみ」

艦艇公開 写真

※大量の写真があります

 

本日は晴海埠頭にてチリ海軍練習帆船「エスメラルダ」の一般公開があったので行ってきました。

 

f:id:panda118:20160828204959j:plain

晴海埠頭に係留中の前が「エスメラルダ」、後ろが日本側のホストシップを勤める護衛艦「まきなみ」です。本日は「まきなみ」も艦艇公開を実施していましたのでそちらにも参加します。

 

さて、チリ海軍練習帆船「エスメラルダ」は就役が1954年(昭和29年)とかなりの船歴を持った船になります。別名「チリの浮かぶ大使館」とも呼ばれているようで、その長い船歴から世界各国の行事やイベントなどにかなりの回数参加しているとのこと。

 

上の写真のエスメラルダをよく見ると一番前のマストだけに横帆を張るための4本の横棒があるのが分かると思います。後ろの3本のマストは横棒がなく横帆が張れないので、ヨットのような縦帆を張ることになります。こういった帆装の船をバーケンティンと言います。

 

ちなみに、日本が誇る帆船「日本丸」と「海王丸」は最後部のマストのみ縦帆のバークと呼ばれる種類の帆船になります。

 

この「エスメラルダ」はバーケンティンで世界で2番目にマストの高さがある船です。

 

f:id:panda118:20160828210506j:plain

帆船と言えば船首像ですが、エスメラルダはコンドルなのですね。南米の船らしいです。

 

f:id:panda118:20160828210830j:plain

さて、早速乗り込んでみましょう。まずは後甲板側から見学開始です。

 

f:id:panda118:20160828210928j:plain

これは帆船ならではの装備で先日見学した日本丸にも付いていました。

「ハンドキャプスタン」と言ってセールなどに掛かっているロープを巻き上げる装置です。上の穴に木の棒を差し込み、てこの原理で人力で回しながら巻き上げる仕組みです。

 

f:id:panda118:20160828211606j:plain

帆船と言えば大きな舵輪を持っていることが特徴ですが、エスメラルダも例に漏れず船体後方にあります。ちょうど目の前にマリンベルがあったので舵輪をバックに撮影。

 

f:id:panda118:20160828212011j:plain

前甲板に移動します。帆船だけあってそこら中にロープが置いてあって躓きそうになります。

 

f:id:panda118:20160828212300j:plain

エスメラルダの礼砲

 

f:id:panda118:20160828212349j:plain

これは揚錨機です。ちなみに左に2人いるチリの海兵さん、ロープをまたぐ地点に手を貸す目的でいらっしゃるのですが、いつの間にか交流の場所になっていて記念写真や来場者と握手をして貰う場になってました。

 

f:id:panda118:20160828212830j:plain

エスメラルダの艦橋部分にモットーが書かれています。「VENCER O MORIR」訳すと「勝利か死か」です。日本人には強烈ですが深い言葉です。

 

f:id:panda118:20160828213159j:plain

チリ海軍グッズとチリのお酒?を船上で売ってました。チリというと赤ワインを連想しますけど、写真はちょっと違う飲み物のようですね。

 

f:id:panda118:20160828232924j:plain

後ろ姿はまさに「白い貴婦人」ですね。曇天なのがちょっと残念。

 

さて、次は護衛艦「まきなみ」に向かいます。

 

f:id:panda118:20160828214054j:plain

護衛艦「まきなみ」はたかなみ型護衛艦の3番艦です。定係港は青森県の大湊なのでホストシップの役をするために東京まで来たのでしょうか。

 

f:id:panda118:20160828215152j:plain

前甲板から艦橋方向を撮影。むらさめ型たかなみ型のやや無骨な艦橋が好きなんですよねぇ。

 

f:id:panda118:20160828215737j:plain

ヘリ甲板にSH-60Jがいました。操縦席と後部の見学が出来るようでしたので、後部側の見学列に並びます。操縦席側は大人気だったので、、、

 

全体的にヘリ内部はソナーなどの機器を詰め込みまくっていてあまり空間に余裕がない印象。とはいえSH-60J内部を見学できる貴重な機会でした。

 

f:id:panda118:20160828220326j:plain

ヘリ見学の後は艦橋も見られるとのことでそちらに移動です。写真はマストの麓にあった「まきなみ」のマリンベルです。

 

f:id:panda118:20160828220559j:plain

艦橋内部。基本的に汎用護衛艦の艦橋内はどれも狭いです。

 

f:id:panda118:20160828221033j:plain

艦橋から前甲板を見下ろす。なんだか手前の白いCIWSのレーダー部分が結構邪魔ですね。

 

f:id:panda118:20160828221251j:plain

艦橋からは艦内の狭いタラップを下りて下船します。いつものことですが、カメラ持ちながらだと結構危険なので首からかけて対応してます。

 

f:id:panda118:20160828221353j:plain

はい、と言うわけで2016年8月28日のチリ海軍練習帆船「エスメラルダ」&護衛艦「まきなみ」の晴海埠頭一般公開の様子でした。