読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAYDREAM

白日夢を徒然なるままに

カローラはその役割を終えた

コラム・日記

こんな記事を見つけた

 

mainichi.jp

 

トヨタは「カローラ」を行くところまで作って、今乗っている層が大方いなくなったらそのままフェードアウトさせる作戦なのかと思ってたら違うのかな?

 

今頃、主要購買層の高年齢化を憂いたって遅すぎるし、高齢化上等の自爆覚悟で「超ウルトラスペシャル保守路線」をやっているのかと思ってた。

 

そういった意味では、筋が通っていてカッコイイとすら思える領域まで来てるかな。

 

#とはいえ、カローラ本体は全くカッコ良くない

 

かつて”大衆車”と呼ばれ登場から50年が経過している「カローラ」はすでにその役割を終えた。スカイラインみたいにその名を汚すような延命なんてしないで、すぱっと表舞台から退場させるべきだと思う。

 

今のカローラを見ていると、役職定年を迎えて定年退職待ちのおじさん達の姿に被って仕方ない。昔はそれなりに社会に貢献したんだろうけど、時代はもうその次の世代に移っている。

 

今時このクラスはアクアや軽自動車に喰われてしまって存在感薄い。一応ハイブリッドの設定はあるけど、基本的なコンセプトが昭和のまま。故に「おじさんの車」「下駄代わり」のイメージを払拭できていないのも購買層の高齢化の大きな要因でしょう。

 

いつまでも変わらない良さもいいし残していくことも重要だと思うけど、それはクルマに関して言えば博物館の中だけで充分です。