読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAYDREAM

白日夢を徒然なるままに

【今更レビュー】話題になっているのでガルパン劇場版を見てきた

アニメは放送終了後に何かのタイミングで一回見たくらいで「女の子が戦車に乗って撃ち合いするアニメ」というレベルのイメージで映画館に飛び込んできました。

「お前、軍艦とか護衛艦とかブログに書いてるくらいなんだから、ミリタリー詳しいんだろ?」とか言われそう(というか嫁にそう言われた)ですが、古今東西戦車に関しては全く分かりませんw

ていうかね、大量に量産してなんぼの戦車に一隻一隻名前の付く艦艇のような愛は湧かないって!!

と、まぁ、前置きはこのくらいにして今更ながらガルパン劇場版を見てきたのでその感想です。

この映画、公開してしばらくしてから4DX仕様が出来たり、その映画館の一番音響の良い箱で上映されるようになったりして「なんでだろ?」と疑問に思っていたのですが、見て納得しました。

要はアニメになった「ゲーム」なんですね。劇場版ゲームの実況。

この映画はスターウォーズより音響が派手、かつ出てくる戦車が画面狭しとヌルヌル動き回るのです。劇場版と言うことでもの凄く映画を意識した派手な演出がされてるんですね。

だから、なるべく良い音響もしくは4DXのような仕掛けのある映画館で見ることで、この作品の良さがさらに増幅される、というわけ。SF映画の派手なドンパチが好きな人や映画館のカラダに来る音響が大好きな人は結構ハマる映画かも知れないですよ。

なので、今一番映画館で見る意味のある映画かも知れませんね。

ストーリーは、、、まぁ、そのぉ、あって無いようなものなので、戦車戦の攻防をひたすら心ゆくまで堪能する、そんな映画だってことですね。でも、戦車戦だけでここまで見せる演出は素直に凄いなぁと。

あ、私見てきたのはイオンシネマ幕張新都心のULTIRA上映でした。ここでのガルパン鑑賞はかなりオススメですよー。大きなスクリーンでかつ音響も映像も最高レベルです。

で、最後はこう言えば良いんでしたっけ?

ガルパンはいいぞ」

【追記1】スターウォーズもオデッセイも映画館で見てるんだけど、映画見たーって気に一番させたのはガルパンかも

【追記2】初めは久々に4DXで見ようかなと思ったら予約が全く取れなかった、、、この映画で初めて4DX体験した人も多そうだし良いプロモーションになっているのでは?

【追記3】ガルパンは「Girls und Panzer」の略だけど、Girlsだけ英語でund以下はドイツ語なのは何故?英語で「Girls and Tank (ガルタン)」かドイツ語で「die Mädchen und der Panzer (メトパン)」じゃないかな?

【追記4】艦これ同様、戦史を知っていると「ニヤッ」とする小ネタが随所にありますね。知波単学園の西隊長は硫黄島で戦死したバロン西のオマージュですよね。無謀な吶喊好きには笑ったけど

【追記5】戦史ついでに、ソ連T-34/85がパーシングに突っ込んでボコボコにされるシーンは朝鮮戦争かよって思ったし、ここは沖縄戦の雪辱で知波単の戦車に突っ込んで欲しかったとか欲しくないとか

【追記6】アニメの世界ではイギリス人(?)は紅茶好きでなければならない法律でもあるのか?