DAYDREAM

白日夢を徒然なるままに

Apple Watch UltraとGARMIN fenix7X

9月8日のAppleイベントで発表されたApple Watch Ultraですが、遂にアウトドア屋に刺さる新しいプロダクトが出てきましたね。

 

 

www.apple.com

 

私はトレッキング、山登りとも言いますが、そのあたりを趣味にしていますので、実益も兼ねたプロダクトとして発表直後にポチってしまいました。

 

でも、よくよく考え直してみると実は私はアウトドア用のスマートウォッチで過去に痛い目に遭っているので、Apple Watch Ultraが本当に自分に合っているのか改めて検証してみようかと思います。高い買い物ですしね。

 

 

 

過去にあった痛い目とは?

 

何年か前に登山用のスマートウォッチとしてCASIOのPRO TREK Smart WSD-F30を購入したことがありました。

 

daydream2006.hatenablog.com

 

outdoorgearzine.com

※もう販売終了しているモデルで商品ページがない為、紹介記事載せています

 

初めはYAMAPと連携して便利に使ってはいたのですが、電池の持ちがあり得ないくらい短くて、一回の充電で数日間の縦走どころか1日すら持たなかったのと、GPSのログ取得が不安定で信頼性に欠けるところから、数回使っただけで結局使わなくなってしまいました。

 

もう既にCASIO自身がPRO TREK用のスマートウォッチの開発と販売から完全に撤退してしまったことから、結局はこのシリーズは売れなかったのでしょう。さもありなん。

 

そんなことから、自分自身もスマートウォッチは登山などエクストリームな用途には向かない、という烙印を押してしまっていたのでした。

 

 

Apple Watch Ultra vs CASIO PRO TREK Smart WSD-F30

 

で、先日出てきたのがApple Watch Ultraです。

 

Appleが出してきたアウトドア用途のスマートウォッチですが、WSD-F30の悲劇は繰り返されてしまうのでしょうか?

 

改めてスペックを比較してみましょう。

 

Apple Watch Ultra vs CASIO PRO TREK Smart WSD-F30

 

Apple Watch Ultra 

CASIO PRO TREK Smart

WSD-F30

発売年

2022年

2018年

ケースサイズ

49mm

53.8mm

防水性能

100m耐水

5気圧防水

バッテリー

通常:36時間(最大60時間)

通常:1.5日

30日(マルチタイムピースモード)

GPS

高精度二周波GPS   [GPS(L1/L5)、GLONASSGalileo、みちびき、BeiDou]

GPSGLONASS、みちびき

耐環境性能

MIL-STD-810H

耐低温仕様:-20°

MIL-STD-810G

耐低温仕様:-10°

搭載センサー

血中酸素、心拍、皮膚温、高度、

加速度、ジャイロコンパス、水深、水温

気圧計、高度計、方位、

ディスプレイ

LTPO OLED常時表示Retina

(410x502pix)

1.2インチ2層 有機EL+モノクロ液晶

(390x390pix)

重量

61.3g

約83g(バンド含む)

OS

watch OS

Wear OS by Google

 

意外だったのが、大きさはApple Watch Ultraの方がやや小ぶりなんですね。

 

比べてみるとバッテリーの持ちは同じくらいですね。ただ、WSD-F30はアプリを使いながらですと1.5日も電池が持つことはなかったので、同じ条件でApple Watch Ultraがどこまで持つのか次第かと。

 

個人的には一回の充電で最低でも3日間はバッテリーが持って欲しいです。最近の登山ではスマホが必須装備になっていることから、モバイルバッテリーからスマホ以外への充電を極力減らしたいですから。

 

なので、このスペックをそのまま受け取ると同じ悲劇を繰り返しそうだ、、、

 

 

Apple Watch Ultra vs GARMIN  fenix7X Sapphire Dual Power

 

 

では、本題のGARMINとの比較にいってみましょう。

 

ここで比較するのは、価格帯も機能もほぼ同等と思われるGARMIN fenix7X Sapphire Dual Powerです。

 

www.garmin.co.jp

 

Apple Watch Ultra vs GARMIN fenix7X Sapphire Dual Power

 

Apple Watch Ultra 

GARMIN fenix7X

Sapphire Dual Power

発売年

2022年

2022年

ケースサイズ

49mm

素材:チタン

51mm

素材:FRP

防水性能

100m耐水

10ATM(100m防水)

バッテリー

通常:36時間(最大60時間)

スマートウォッチモード:約28日+約9日

バッテリー節約モード:約90日+約1年

GPS

高精度二周波GPS  [GPS(L1/L5)、GLONASSGalileo、みちびき、BeiDou]

マルチバンドGNSSサポート [GPSGLONASS、みちびき、Galileo]

耐環境性能

MIL-STD-810H

耐低温仕様:-20°

MIL-STD-810G

耐低温仕様:不明

搭載センサー

血中酸素、心拍、皮膚温、高度、

加速度、ジャイロコンパス、水深、水温

血中酸素、心拍、気圧高度、

加速度、ジャイロ、コンパス、温度

ディスプレイ

LTPO OLED常時表示Retina 

(410x502pix)

1.4インチ 半透過メモリインピクセル

(260x260pix)

重量

61.3g(ケースのみ)

61g(ケースのみ)

OS

watch OS

独自OS

価格

¥124,800

¥137,000 (Ti Carbon Gray DLC/Black)

 

同じ2022年発売の製品だけあって機能的には見劣りしない両者ですが、バッテリーの持ちはfenix7Xの圧勝ですね。fenix7Xはいろいろなモードを持っていて、それぞれでだいぶ電池の持ちが異なるのですが、ソーラー発電機能を持っているのでその分より長く稼働させることが出来ます(バッテリーの+以下の日時)。

 

それにしても、この電池の持ちは魅力的すぎますね。普段使いでも下手すると月に1回充電すればOKレベルですからかなり手間いらずかと。

 

結論

 

fenix7XはApple Watchほど派手な演出やスマートウォッチとしての機能はありませんが、搭載機能にそつが無く全体的にデザインもUIもシンプルでムダがない印象を受けました。

 

確かに、登山しているときには知りたい情報をパッと見ることができればよいので、fenix7のシンプルさはむしろ評価UPかも知れません。

 

Apple Watch Ultraとfenix7Xを天秤にかけたとき、どちらを評価するかは購入者次第ですが、考えるべき点としては以下の3つかと。

 

1.バッテリーの持ち

2.見やすさ

3.使いやすさ

 

バッテリーの持ちという意味で、山での長期縦走だけ考えればfenix7Xしかないです。もうこれは単純にスペックの差なのでどうしようもない。

 

見やすさという意味だと、カラーOLEDを画面に使用し、2000ニトの明るい大型の常時表示画面を持つApple Watch Ultraに軍配が上がりますね。

 

 

使いやすさですと、山以外での一般的な使用も考えるのであればiPhoneなどのApple製品との相性の良さやスマートウォッチとしての性能の高さ、デザインからApple Watch Ultraも魅力的です。

 

なので、このままApple Watch Ultraを購入してみて、どこまで使いこなせるかチャレンジしてみたいと思います。実は初Apple Watchだったりしますし、ダメなら速攻売れば良いし。

 

どちらもスマートウォッチですので、今後機能追加も行われるでしょうからどのように発展していくか楽しみです。どうもApple Watch UltraはGARMINの上級モデルを参考に開発しているような気がするので、うまいこと競争してもらえるとよいのですが。

 

 

【試乗記】エクストレイル(T33)

##この試乗記はブログ主の主観で構成されています。一般的な見解ではない、感じたままの好き勝手を述べていることをご了承ください##

 

以前このブログに購入記を書いたフォレスター(SK)もそろそろ5年目。来年の車検が2回目となるので買い換えを考え始めています。

 

いつもなら時期的に早いのですが、今は半導体不足などの影響もあり納車に時間が掛かるケースがほとんどなので、今ぐらいから考え始めておかないと乗りたい車に乗れなくなってしまいますからね。特に、狙っているクルマはそれが顕著なのでなおさらなのです。

 

というわけで、初回は日産エクストレイル(T33)です。やっとこの7月にモデルチェンジしたので興味津々で日産ディーラーを訪れました。

 

www3.nissan.co.jp

 

 

エクストレイル(T33)の第一印象

 

Webなどで写真は見ていたので、エクステリアの概要は把握していました。最近の日産三菱系の顔と言いましょうか、モダンと言えばモダン、押しが強い系の迫力顔は好みが分かれそうな。

 

実物を見ると印象が変わる車もありますが、エクストレイルは良くも悪くも実物の印象はそのままでした。

 

先代はどちらかというと全体的に丸いイメージがあったのですが、新型もボディ形状はそのまま先代を引き継いだ柔らかい線のボディに、キャラクターラインが入った感じですね。エクストレイルらしくて良いです。

 

リアはややのぺっとした印象ですが、品がある感じで嫌いではないです。

 

横幅が2cm広がっているせいで大きく見えますが、前後縦方向には縮んでいるようなので、塊感は先代の方があった気がします。

 

試乗の感想

 

試乗したのはGグレードの4WDモデルでした。

 

街中を短距離乗っただけですが、e-4ORCE搭載で動力系が普通の車とは違うので、その違いを確かめるべく試乗に望みました。

 

良かったところとしては前後2つのモーターのトルク感でしょうか。一呼吸置いて「ぐわっ」と一気に加速していく様はこのクラスのSUVではなかなか味わえないモノです。これなら高速での合流や加速でも問題ないでしょう。

 

また、乗り味がマイルドで同乗者に優しい所でしょうか。街乗りしていても突き上げなど不快感は一切無かったです。e-Powerの静粛性とともに、ハンドリングは素直で乗り味に高級感も感じました。

 

なので一見良さそうなのですが、正直言うとこれって私好みの乗り味ではないんです。私の好みは足はカチッとしてしなやかさがあり、お尻やハンドルから道路の状況が伝わってくるような乗り味が好みなのですが、このエクストレイルは真逆。

 

また、加速も一呼吸置いてから来る感じなので、クイックなレスポンスを求めている人にはちょっと物足りないかも。

 

ボディ剛性は感じるのですがサスがふわっとしていて、道路の凸凹を吸収してくれる代わりに接地感やダイレクト感はあまりありません。4WDモデルだから?

 

内装や装備について

 

全体的にシンプルにまとめられていて、やたらボタンが多い今乗っているフォレスターの操作系に比べたら好感が持てます。HUD(ヘッドアップディスプレイ)がGグレード標準装備なのは素晴らしいです。

 

Gグレードともなると必要な装備はほとんど付いていて、あとはパノラミックガラスルーフとBoseスピーカー追加するくらい。

 

しかし、内装に関しては、なんというか、値段なりというか、コミコミ500万以上する国産車にしてはもうちょっとどうにかならなかったのか、と。内装は「良い」と聞いていたので期待していたのですが、期待が高かっただけなのか?うーむ。

 

具体的にはプラスチックと合皮の部分が分かりやすいのですよね。助手席前のウッドのように見える部分がプリントだったり、革かと思ったところがよく見ないでもすぐ分かる合皮だったりと、「おや?」という所が随所にある感じ。

 

あと、内装がシンプルなのが逆に質素に感じてしまうと言うか、もう少し造形とか見せ方に工夫があっても良いのでは、と感じました。ハンドルとかインパネ回りは特に。

 

カタログで見るような内装に高級感を出したいなら、ナッパレザーにしないと厳しいかも。

 

使い勝手

 

プロパイロットは使う機会が無かったので評価できないですが、SUVとしてある意味命であるラゲッジのユーティリティは先代より退化しているのでは?

 

正直、ラゲッジの機能や質はフォレスターの方が良いです。ラゲッジ下の収納スペース狭い、フック類無し、荷室側から後席倒せない、後席を倒してもフラットにならない、扉が閉まるスピード遅いなどなど。100V電源付いているくらいじゃないですか、良い所は。

 

そのことについて、営業さんは「このモデルでは街乗りを意識したから」と言ってましたが、本末転倒にも程があるでしょ。今回最大の萎えポイントでした。

 

あと、エンジン始動前にシート調整してからSTARTボタン押すと、シートが調整前の位置に戻されるのは一体?

 

総評

 

試乗の結果「エクストレイルは買い換え対象にしない」という結論になりました。

 

個人的な評価としては「e-4ORCEに全力投入した結果、SUVとしてのバランスが微妙になった車」という印象でした。このあたりの技術を評価するか、価格やユーティリティとのバランスを重視するかで大きく評価が分かれる車だなと。

 

確かにe-4ORCEは凄いです。燃費は微妙ですが、今理想の動力系でしょう。でも、それ以外はどうなの?と問いたい。国産車として価格と全体的な質や機能とのバランスがちょっとおかしい気がしますね。

 

今後の改良で質を上げていって欲しいと思います。

Studio Display来る

Apple Studio Displayがやっと届きました。待つこと3ヶ月、うーん、長かった。

 

Studio Display

 

実際、4月の頭に某大手家電量販店のネットストアで注文していたのですが、2ヶ月待ってもウンともスンとも反応がなかったので、注文取り消した後の6月にApple Storeで再注文しました。これが吉と出ましたね。

 

やっぱり、Apple製品を確実に手に入れたいならApple Store一択です。ポイントは惜しかったですが、いつ来るか分からないのはストレスですから。

 

早速、開封してみるといつにも増して製品毎に設計されたであろう、精巧な作りの段ボールのパッケージにホレボレです。

 

開封

 

箱を開けてみたら意外とコンパクト。今年の初めまで、もはや化石化していたLED Cinema Displayを使っていたのですが、画面は同じ27インチなのにそれより全体的にコンパクトかつ軽い印象です。

 

外観としてはディスプレイ部分のフチが最近のトレンドからするとやや太めで賛否あるようですが、ある程度フチがあった方が画面とそれ以外の境界がはっきりして個人的には好みです。

 

EIZO EV2785をサブディスプレイとして使っており、フチがとても薄いのは良いのですが、画面と後の背景の境がないので背景がうるさく感じるときがあるんですよね。

 

左:EV2785 右:Studio Display

 

Appleの歴代27インチディスプレイ比較

 

今まで私が使ってきたApple純正27インチディスプレイを一覧にしてみました。

 

今まで使ってきたAppe製27インチディスプレイ一覧
  LED Cinema Display iMac 27inch(2019) Studio Display
購入年 2010年 2019年 2022年
解像度 2,560 x 1,440 5,120 x 2,880(Retina) 5,120 x 2,880(Retina)
輝度 375ニト 500ニト 600ニト
表示色数 約1,670万色 10億色対応 10億色対応
色域 不明 広色域(P3) 広色域(P3)
USBポート USB2.0 x 3 Thunderbolt 3(USB-C)ポート x 2
USB3 x 4
Thunderbolt 3(USB-C)ポート x 1
USB3.1(USB-C) x 3
スピーカー 2.1チャンネルスピーカーシステム(最大49W) ステレオスピーカー フォースキャンセリングウーファーを備えた原音に忠実な6スピーカーシステム
カメラ マイク付きiSight内蔵 FaceTime HDカメラ 12MP超広角カメラ
マイク マイク付きiSight内蔵 マイクロフォン 高い信号対雑音比と指向性ビームフォーミングを持つ、スタジオ品質のアレイ
サイズ(HxWxD/cm) 49.1x65x20.7 51.6x65x20.3 47.8x62.3x16.8
重量 10.7kg 9.42kg 6.3kg

 

LED Cinema Displayは10年以上前のディスプレイだけあって、性能的にも古さは否めませんが、スピーカーは意外と頑張っていた感じですね。Appleの27インチディスプレイは伝統的にスピーカーが「ディスプレイ内蔵としてはかなりまとも」で、こだわらないのであれば十分な音質が得られます。

 

その点、iMac 27inchあたりからStudio Displayを比較すると、ディスプレイの性能としてはほぼ同じスペックと言っても良く、両者ともRetinaディスプレイと言うこともあり解像感が高く、文字や画像などもとても見栄えのする写りがします。

 

ちなみにStudio Displayはスタンドを選択できますが、自分は高さ調節まで必要を感じなかったので傾き調整のみのスタンドをチョイスしました。これは高さ調整出来なかったiMac 27inchを使っていた経験からの判断で、実際使用していても違和感は感じません。使用環境にも依ると思いますのでお好みで決めれば良いかと。

 

そして、スピーカー関してもiMac 27inchとStudio Displayとも、音質的にそんなに違いは無いという印象です。Studio Displayの方がやや低音が強めか。

 

ただ、Studio Displayに関しては空間オーディオに対応しているので、Apple MusicやApple TV+でドルビーアトモス対応の音楽や映画などを見ると、自動的に包まれるようなサウンドになって実に素晴らしいです。

 

通常のステレオ音源再生でもかなり音の解像や塊感はあるのですが、空間オーディオだと顔の周りで立体的に音が鳴っているような感じで、左右だけでなく奥行きがばっと広がるような感じなんですよ。特に中低音域の広がりが心地よいですね。

 

カメラに関してはHD相当(おそらく7〜8MP)から大幅なスペックアップに見えますが、以前話題にもなったように解像度が上がっている割には(対策アップデータを当てても)画質はイマイチで、超広角カメラというのとセンターフレームが悪さをしているという噂も納得の仕様でした。

 

個人的にはこの手のカメラに画質はそこまで求めませんし、綺麗すぎてもどうかと思うのですが、それにしても低照度に弱すぎるし、画質も補正している感が強くてお世辞にも良いとは言えません。せめてセンターフレームOFFに出来ないのかなぁ。

 

そしてマイクですが、Studio Displayのマイクは歴代のディスプレイよりはかなり良いと思います。iMac 27inchのマイクでも声の高音部が時折キンキンするような機械的な音になってしまっていたので、お世辞にも良いマイクとは言えませんでした。

 

一方、Studio Displayのマイクはだいぶ自然な感じで声を拾うので、HandoffでiPhoneに掛かってきた電話を受けても全然問題ないですし、リモート会議用のマイクにしても十分使えますね。

 

全体的に性能としてはビックリするほどハイスペックというわけではありませんが、Apple製品との組み合わせで威力を発揮するので、デスクトップMacをお持ちの方、もしくはMacBook Proの外部ディスプレイとして使うと幸せになれるでしょう。

 

ただ、お値段がアレ過ぎる(約22万円〜)ので無理に買うものでも無いかと。Apple信者としての信仰心を試される一品です。

 

Mac Studioを購入してみた

やはり、やらかしてしまったか、、、

 

今までメイン機種としてiMac 27inch(2019)を使っており、そろそろApple Siliconを搭載したiMac 27inchへの買い換えを考えていたのです。しかし、どうもこのままだとiMac 27inchの後継機が出そうもないので、思い切ってMac Studioへ移行することにしました。

 

のっぺり正面からのMac Studio

 

今回はある程度様子見してから購入するか判断したのですが、それが裏目に出てしまい注文してから納期がだいぶ掛かってしまいましたね。半導体不足の仕業か〜。

 

それでも、4/2にApple Storeで注文して4/29に到着しました。注文時は5/16以降に到着予定だったのでだいぶ早まりはしたのですが、GW初日に到着とはAppleも随分と気を利かせてくれたものです。

 

やっぱり、M1 Ultra、、と行きたかったところですが、自分にはオーバースペック&予算オーバーなので、M1 Maxの32コアGPUモデルにしました。

 

スペックは以下の通り

 

SoC:M1 Max 10コアCPU / 32コアGPU / 16コアNeural Engine
メモリ:32GB
ストレージ:2TB

素人にはこれでも十分すぎるスペックかと。

 

このMac Studioが我が家初のApple Silicon搭載Macなのですが、それなりの値段はしたものの、噂通りの実力ぶりにとても満足のいく買い物だったと思っています。

 

どのあたりで満足しているのか、少し詳しく書いてみましょう。

 

Good : ぶっちぎりの快適さ

 

普通にMac OSを操作しているだけで、その違いが分かりますもんね。もう、あらゆる操作のレスポンスが早い早い。ストレスNothingですよ。

 

起動、アプリケーションの立ち上がり、処理などどれもキビキビしていて快適そのもの。Intel Macとは何だったのか、思わず考えてしまったほど。

 

昔のPowerPC(601とか603とか)からPowerPC G3になったときの衝撃を思いださずにいられません。あの時も今までは何だったのか状態でしたから、それ以来の衝撃が体内を駆け巡りました。

 

Good : 爆速Final Cut Pro

 

いくつかアプリケーションをMac Studioで使ってみましたが、速度向上で顕著だったのがFinal Cut ProとLightroom Classicの爆速ぶりでした。

 

以前作成した4K動画をFinal Cut Proで再編集してみたのですが、あり得ないくらいのノーストレス編集に笑ってしまったほど。今までは撮影した映像を、一旦軽いメディア(Intermediate Codec)に変換してから編集を始めていたのです。それだけ4K映像の編集は負荷が高かった。

 

ところが、Mac Studioは軽々と4K映像を元のファイルのまま編集できるだけでなく、トランジションやエフェクトは軽いものであればリアルタイムレンダリングでそのまま再生出来てしまうしでもう大変。

 

Lightroomも今までは、フルサイズ一眼で撮影したそれなりに大きなファイルサイズになるRAW画像は現像が必要なので、表示する前にラグがあったのですが、それがほぼ無くなりました。まじかよ。

 

今まで操作や待ち時間でストレスに感じていた映像や画像編集系のアプリに関して、劇的と言って良いほどストレスが減りました。そのあたり仕事にしている人はM1 Max以上は必須でしょうね。それほど生産性が違ってくると思われます。

 

Good : 静かすぎる動作音

 

とにかく静か。今まで使っていたiMac 27inch(2019)で動画編集していると、かなりの頻度でファンが盛大に音を立ててブン回ってました。ところが、Mac Studioで動画編集していても全くファンが唸りません。ホントにファン付いてるのかと思うほど。

 

Mac Studioにはファンが付いているらしいぞ

 

 

などなど、とにかくその処理速度に圧倒されています。では、良いことばかりなのか、というとそうでもないです。良くない点も挙げてみましょう。

 

Bad : WiFiが遅い

 

その作りからなのか、WiFiアンテナの性能がiMac 27inchよりも悪いみたいで、転送レートが低くなってしまいました。

 

iMacでは802.11acで1000Mbps弱は転送レートが出ていたのですが、Mac Studioでは同じ場所でも600Mbps弱くらいしか出ませんね。

 

安定した転送レートが欲しいならEthernetケーブルでネットに接続が良さそうです。

 

Bad : キーボードとマウスが付属しない

 

プロ用だから、と割り切れるのかなー。これで純正の黒いMagic MouseとMagic Keyboardを買うとなるとプラス3万円くらいするんですよね。安い買い物じゃないんだからそのくらい付けてくれても良かったのでは。

 

Pro用のMacと言えば黒

 

Appleはありものを繋いでくれとは言いますが、やはりPro用の周辺機器にコーディネートしたくなっちゃいますよね。

 

Bad : その存在感

 

決してダメなところと言うわけではないのですが、Mac Studioは家に置くと思った以上に大きく感じます。弁当箱より大きく、重箱より小さい感じ。

 

こんな感じ(モニタは27インチ)

既述のように、Mac Studioから発生するノイズはほぼ無いので、不快な存在感は全くないです。とは言え不思議と塊感のある物体なので、慣れるまでに時間が掛かるかも知れないですね。

 

今回、Studio Displayも一緒に発注しておいたので、一通り揃ったらまたレビューしてみたいと思います。しかし、Studio Displayも大人気なのか半導体不足のせいなのか、いつ来るのか全く分からない状態なんですよね(Apple Store的には5月下旬頃らしいが)

 

ではでは。

【家電レビュー】Panasonic ドラム式洗濯乾燥機 NA-LX127AL

12年使っていた日立のドラム式洗濯機がついに故障して動かなくなってしまったので、急遽新しい洗濯機を購入することになりました。

 

やはり家電の寿命の目安は10年ですね。今の家に引っ越す際にまとめて家電を調達したので、ここに来て買い換えのサイクルに突入してます。まず第一弾は洗濯機。

 

家電量販店の店員といろいろ相談しながら決めたのが、Panasonicのドラム式洗濯乾燥機 NA-LX127ALでした。外見もシンプルなTHE 白物家電で潔さを感じます。

 

f:id:panda118:20220320212831j:plain

Panasonic 洗濯乾燥機 NA-LX127AL

 

f:id:panda118:20220320214543j:plain

操作パネル

 

そろそろ買って半月ほど経ちましたので、レビューしてみたいと思います。

 

NA-LX127ALの評価は?

 

大変優れた洗濯乾燥機です。洗浄力が高く、乾燥機能も優秀。また機能も豊富で満足度が高いです。操作もLX129AL搭載のタッチ液晶よりボタン式の方が分かりやすくて良いです。

 

また、音も比較的静かです。12年前のドラム式洗濯乾燥機との比較なので、そのくらいの年式からの買い換えだと、洗浄力はもちろん音も振動も少なくなって良いところしかなくて特に気になる点もありません。

 

但し、価格が洗濯乾燥機の中ではかなり高価な部類なので、他の洗濯機との価格差に価値を見いだせるかは人次第ですかね。

 

なぜ、LX127ALにしたのか

 

理由は以下の3つです。

 

1.半導体不足で供給がただでも少ないドラム式洗濯機が、春の引っ越しシーズンの需要増も重なり選択肢がなかったから

 

2.洗浄力。前に使用していた日立のドラム式では洗浄力に不満があったので、それを解消出来そうだった

 

3.低温乾燥出来る、省電力のヒートポンプ式の乾燥機能

 

まず、1の理由から説明すると、読んでの通りで、家電量販店に行ったときには元々狙っていた中級機種の在庫が半導体不足と春のシーズンで壊滅していたのです。どれもみんな1ヶ月待ち。なので、実質20万円台後半の金額を払ったのは渋々。

 

2に関しては読んでの通りで、ドラム式の弱点でもある洗浄力が日立では不満があったのです。アウトドア後のズボン裾の泥汚れなどなかなか落ちなくて、二度洗いすることも少なくなかったので、今回はその点定評のあるPanasonicに。

 

実際に使ってみても、洗浄力は上がっていると言うのは実感していますね。特筆すべきは洗濯時の水温調整が可能なので、布生地に深く染みこんだ酷い汚れの時に40°のつけ置き洗いに設定して洗濯するとかなりキレイになります。

 

ただ、宣伝しているように黄ばみが完全に取れるかどうかは怪しいですね。一回襟もとが皮脂で黄ばんだ白いシャツを40°のつけ置き洗いで洗ってみましたが、黄ばみが気にならなくなるまで落ちる所までは行きませんでした。

 

3は日立の風アイロンによる乾燥機能は満足度高かったですが、高温乾燥による縮みや消費電力が気になっていたので、ヒートポンプ式の低温乾燥で両方解消出来そうなLX127ALを選んでみました。

 

正直な話、乾燥後のタオルの仕上がりは日立の風アイロンの方が気持ちふっくら仕上がります。とはいえ、よく比較しないと分からないレベル。

 

ただ、日立の乾燥は高温乾燥でPanasonicの低温乾燥と比較すると、仕上がり時の衣類の温度が違っていて、日立は熱く、Panasonicはほんのり暖かと衣類へのダメージは明らかに日立が大きいですね。

 

LX127ALの方が乾燥時間短いですし、省電力でしっかり乾くのでトータルではPanasonicの乾燥機能の方が良いと思います。

 

乾燥後のシャツのしわに関しては確かに風アイロンの方がが少なく、優れていますが、風アイロンを使ったからと言ってアイロンがけが不要レベルになるわけがなく、個人的には「アイロンがけが楽になるかな」程度で大差ないという結論です。

 

総じて、稼働音もさほど大きくなく、少なくとも12年前のドラム式とは雲泥の差です。気になるような大きな振動なども今のところはありません。

 

 

NA-LX127ALの良いところ

 

実際に使ってみて良かったとろを挙げてみたいと思います。

 

洗剤自動投入はやっぱり正義

 

今までは洗濯機が自動計測した容量を手で測って洗剤受けに投入していたのですが、洗剤自動投入機能でこの手間が一切無くなりました。

 

f:id:panda118:20220320213010j:plain

洗濯機上部にある洗剤タンク

 

なので、洗濯するときは本当に電源と洗濯設定のスイッチ操作だけになるので、洗濯機側の自動計量を待って洗剤を投入する手間がなくなることになるのです。これは思っていた以上に便利。

 

一番使うであろう液体洗剤入れには1Lくらい洗剤を入れられるので、一度満タンにしておけばしばらく補充は不要。洗剤・柔軟剤・おしゃれ着用洗剤の銘柄を事前に設定すれば、適量を自動で投入するので手間無し。もちろん、手動投入も可能。

 

ただ、洗剤が推奨している量よりも多めに入れる傾向がある気がします。実際は適量入れているのかも知れませんが、洗濯機側で表示される洗剤投入量が洗剤の推奨よりも多く入れているように見えるのです。

 

洗剤側も洗濯機側も相対的な「杯」単位で使用量を表示するのでわかりにくいんです。「ミリリットル」といった絶対量で表示していれば誤解されにくくなるかも。まぁ、洗濯機側で洗剤の銘柄を設定した上で投入量を決めているので問題ないとは思いますが。

 

 

スマホで洗濯」機能がすこぶる便利

 

一応、LX127ALはIoT家電でして、洗濯機をインターネットと接続した上で設定すると、スマホアプリを使うことで洗濯の状況などを遠隔からリアルタイムに知ることが出来るようになります。LX127ALはLX129ALと違ってカラー液晶がないので、その代わりとして使ってもよいですね。

 

f:id:panda118:20220320212609j:plain

スマホの洗濯状況画面 洗濯当日の天気予報も表示できる

 

この機能は初め使うだけでそのうち使わなくなるだろうなと思っていたのですが、今では一番便利な機能なのではと思えるほど使う機能になっています。

 

この機能で最も重宝しているのは、洗濯終了時にスマホへ通知してくれる機能です。

 

洗濯していたのを忘れて長い間洗濯物を放置してしまったことってありませんか?それを防止してくれますし、他の場所で作業をしている時や外出している時でも洗濯終了を知ることが出来るので便利この上なし。

 

ちなみに、外出先から洗濯開始出来る機能もあるのですが、これはタイマー機能で代用出来るのであまり使っていません。

 

 

洗濯乾燥時間が短くなっている

 

まぁ、12年前の洗濯機と比較して言っているので技術の進歩を感じずにはいられないのですが、洗濯時間が短くなりました。おまかせ洗濯(乾燥なし)だけなら30分くらいで終わることもあります。

 

f:id:panda118:20220320212727j:plain

洗濯終了レポート画面

特に顕著なのが乾燥時間で、今までは下手すると2時間近く掛かることはよくありましたが、LX127ALに替えてからは、量が少なければ1時間以内で乾燥が終わることもあります。

 

洗濯している中身をきちんと見て時間を設定しているようで、タオルなどの大柄のモノだと乾燥時間多めになりますし、水温高めだと洗濯時間も短くなるようです。

 

 

扉パッキン裏を自動で掃除してくれる

 

前の日立のドラム式は洗濯物を投入する扉付近のゴムパッキン裏に埃が溜まってしまって、定期的に掃除しないと大変なことになっていました。しかも、構造的にパッキンめくりながら掃除しなくてはいけなくて大変。

 

しかし、LX127ALは洗濯時にパッキン裏を自動で掃除をしてくれるのでだいぶ埃が溜まりにくくなっていますし、掃除がやりやすくなっています。

 

扉のパッキン裏に埃が溜まりやすいのは、ドラム式洗濯機の欠点の一つだと思っているのですが、これがだいぶ解消出来ているので製品寿命も長くなりそうです。

 

 

NA-LX127ALのダメなところ

 

では、今度は期待値を下回ったところです。

 

値段が高い

 

洗濯機に20万円台後半のお金を出すことになるとは思いませんでした。確かに、今ある最高性能のドラム式洗濯乾燥機の一つだとは思いますが、ちょっとどうなんだろうなとは思います。急な買い換えでなかったらもう少し考えていたでしょうね。

 

しかも、このNA-LX127ALは値引き不可商品です。メーカーの委託販売品なので販売店側で値引きできないとのこと。逆に言うとどこで買っても同じ値段なんです。

 

それにしても、ナノイーと液晶画面付いただけでこれよりさらに約6万円高いLX129ALという機種があるのですが、必要性があるのか。。。

 

 

まめな乾燥フィルター掃除が必要

 

前の日立のドラム式は乾燥フィルターは乾燥を数回に一度の頻度で乾燥フィルター掃除が必要でしたが、LX127ALは乾燥する毎に掃除が必要ですね。

 

乾燥するものにも依るとは思いますが、一回乾燥を回しただけで結構な量のダストが乾燥フィルターに付着するので、これだと毎回掃除やった方が良いです。しかも、掃除が必要な乾燥フィルターは2枚あります。

 

ちなみに我が家では乾燥フィルターに付いたダストをハンディー掃除機で吸い取ってます。これでOK。

 

 

洗濯機側で遠隔ボタンを押しておかないと「スマホで洗濯」機能が利用出来ない

 

遠隔から洗濯や槽洗浄機能などを利用したくても、洗濯機側で遠隔ボタンを押してドアロックしていないと「スマホで洗濯」機能を使った開始操作が出来ないので、この点もう少しどうにかして欲しかったです。

 

子供が洗濯槽に入っているケースで遠隔から洗濯開始できないようにするなど、安全上仕方ない理由があるのは理解できますが、洗濯機の遠隔ボタンが押されていないと遠隔操作できないという条件があるために、好きなときに遠隔から洗濯開始できないので機能の魅力が半減しています。

 

コストは上がりますが槽の中を監視できるカメラを設置して遠隔から確認できる機能があると良いかも。

 

 

今のところはこんな感じでしょうか。最近の白物家電には珍しくMADE IN JAPANの製品(確かパナのドラム洗濯機は静岡県袋井市で製造)ですので、品質は高いはずです。使っていく内に分かってくるところもあると思いますので、今後もレポート出来ればと思います。

2022年版 登山関連アウトドアブランドのイメージ 

山登りをやっていると、ウェアやザック、登山靴、山道具などを発売しているアウトドアブランドに必ずお世話になります。そこで、今回は今まで自分が使ってきたアウトドアブランドのイメージや商品についていろいろ書いてみたいと思います。

 

先に言っておきますが、私はキャンプとかはほとんどやらないので完全に山関連のみになります。

 

また、ブランドのイメージはあくまで私的なイメージと使ってみた感想ですので、どこかの知らないおっさんが勝手なことを言っている読み物としてご笑覧くださいませ。

 

 

 

THE NORTH FACE

www.goldwin.co.jp

 

言わずと知れたアウトドアを代表するブランドですね。最近はアウトドアの機能を取り入れたタウンウェアなどのほうが有名なくらいですが、今でも登山者御用達のブランドであることには変わりありません。

実際に山に行ってもTHE NORTH FACE(以下TNF)のウェアはよく見かけますし、私もよく使っていました。日本では富山発祥の企業であるGOLDWINが商品の企画開発しているのでサイズも日本人に合っていますし、デザインもよく、機能性もバッチリ、商品も多彩、街で着てもOKと言うこともあり「困ったときにはTNF買っとけ」と言っても良い鉄板ブランドと思います。

マウンテンジャケットやヌプシジャケットなど代表的な商品がありますが、個人的にお気に入りで使っているのは「アルパインライトパンツ」です。

この「アルパインライトパンツ」ですが、伸縮性があり非常に動きやすいだけでなく、シルエットがカッコいいという長所があります。ただ、山で履くには耐久性が低すぎて履く度にボロボロになっていくので、最近はもっぱら普段着として愛用しています。

 

 

モンベル

www.montbell.jp

 

私がよく言うのが「アウトドア界のユニクロことモンベル」。つまりコスパ最強。その際たる商品が「ストームクルーザージャケット」で、3レイヤーゴアテックスを使用したハードシェルを2万円台前半(普通なら5万円は下らない)でリリースしてくれるところが素晴らしいのですよね。

山装備においてコスパは重要で、過酷な環境で使用するが為に傷んだり汚れたりはいつものこと。故に気を遣う高価なものよりも、使い回せる適切な価格の製品のほうが使い勝手が良く、実際に山によく入るガイドさんはモンベル使いが多かったりしますよね。

私はどちらかというと沢登りの装備や寝袋とかゲイターなどギア系でモンベルを愛用しています。日本人向けのサイズや十分な機能性、良心的な価格もさることながら、修理が可能であったりリペアパーツが豊富に揃えられているのもGOOD!

惜しむらくは、山初心者の中高年が使っているイメージが強いので、もう少し色使いとか考えてもらい若者にも使ってもらえるようになると良いかなーと思います。

 

 

finetrack

www.finetrack.com

 

モンベル同様国産メーカーで、確かモンベルをスピンオフした社員が作った会社がfinetrackだったかと。その豊富な商品を見てみるとモンベル的な生真面目さも垣間見るこができますが、機能性においては妥協がなく、それが原因か価格においてモンベルと比較するとお高め。

タウンウェアも出しているアウトドアブランドのような軟派な感じがなく、機能性に全振りした頑固な登山用品ブランドと言った方が良いのかも。実際社員がフィールドで使いながら開発しているようなので、登山ウェアに何が必要かを抑えているだけではなく、信頼性も高い商品に仕上がっているのは使っていて実感しています。なので私はグローブやバラクラバなど冬山装備でfinetrackをよく使っていますね。

個人的にオススメは「カミノパンツ」です。もはや定番商品ですが、その耐久性や履き心地、機能性は文句なし。日本人向けに作られているのでサイズ感は良いですし、これ一本あれば春から秋にかけての登山で困ることはありません。

 

 

MAMMUT

www.mammut.jp

 

アルプスを頂くスイスのブランドらしくアウトドア商品としてのデザイン性や機能性は最高峰。値段はちょっとお高いですが、その金額に見合うだけのものはあると思います。最近はタウンギアなどにも力を入れているようで、街でもマムートのマンモスロゴを見ることも少なくないですね。

私はウェアでマムートの製品を買うことが多いです。現在ではハードシェルとTシャツ類でマムート使ってます。全体的に細身でシュッとしたデザインのものが多いので、人によって合わないということもあると思いますが、私は好きなブランドです。

八ヶ岳に行くと山道の階段などでマムートロゴをよく見かけます。赤岳鉱泉の登山道整備にマムートが協賛しているのですが、そういう意味でも八ヶ岳イカーの私にとって大変お世話になっているブランドだったりします。

 

 

Patagonia

www.patagonia.jp

 

最近愛用しているブランドです。いろいろこだわりのあるブランドとして有名なパタゴニアですが、登山用のウェアにしても結構ガチな商品を出してくれているので、「アウトドア系のタウンファッション」がメインのブランドだと思ったら大間違い。

有名なのがフリースですかね。薄手のフリースの代表格R1やモコモコあったかR2はパタゴニアを代表する製品と言って間違いなく、山に行ってもよく見かけるウェアだったりしますね。

私は夏の山行用にキャプリーンシリーズの長袖シャツを愛用しています。ベースレイヤーなのですが、行動中はこれ1枚でOKですし、化繊とは思えぬ肌触りの良さと日焼け防止機能もあるので至れり尽くせりですね。ナノパフジャケットも冬の中間着としては優秀です。

ただ、お値段がねぇ、、、気軽に買えるブランドではないのでモノ選びは慎重に。

 

 

MOUNTAIN EQUIPMENT

www.mountain-equipment.jp

 

イギリスのアウトドアブランドであるMOUNTAIN EQUIPMENTですが、日本ではあまり人気がないのかよくセール品になっているのを見かけます。ここの製品は個人的にはダメなモノはダメなのですが、良いモノは凄く良いという両極端なところがあるということもあり、よく商品を吟味すればよい買い物が出来るブランドだと思っています。

このブランドをオススメしたいのは「ノースフェースやマムートみたいなみんな着ているメジャーなブランドではなく、知る人ぞ知るブランドのモノを着たい」と言ったひねくれた人です。そうです、私です。

私はフリースやソフトシェルでお世話になっています。欧米のブランドのウェアを日本人が着ると腕が長かったりしがちなのですが、ここはそうでもないですね。このブランドのウェアによく採用されるCOSMOSという濃紺の色が好きなんです。

 

 

Marmot

store.descente.co.jp

 

このブランドは元はアメリカなのですが、日本ではデサントが商標使って販売していますね。なので、TNFのように実は日本のメーカーが日本人向けに商品企画しているので、サイズなどは日本人向けになっています。

以前は良くMarmotのウェアを買っていたのですが、最近はめっきり買っていませんね。なんとなく見ているとTNFとモンベルの影を追っているものの、中途半端で「二兎追うものは一兎をも得ず」になってる感じ。

有名なのはコモドジャケットでしょうか。ゴアテックスのジャケットながらシンプルで比較的お手頃な価格で手に入る商品です。セールを狙うとよい買い物が出来るかも知れません。

 

 

Arc'teryx

arcteryx.jp

 

泣く子も黙るアウトドアウェア界の高級ブランド「アークテリクス」。その圧倒的な機能とデザイン性、そしてそのお値段。いろいろな意味で最高峰の製品群を持ち合わせています。

代表プロダクトと言えば登山者憧れのハードシェルこと「アルファジャケット」。10万円を超えるその価格、デザイン、機能はまさにシュプリーム。これを山の中で着られるのは選ばれし者のみ。

個人的に山用のウェアとしてはフリースの「カイヤナイト」を持っていますが、実際山で行動中には着ておらず、もっぱら山小屋とか登山前後の移動で着ていることが多いです。登山用のウェアとしてはコスパ悪すぎであまり使いたくないですし、実際山で着ている人をあまり見かけませんもん。ただ、タウンウェアとしてはそのデザインと機能性は優秀ですので、街着としてダウンジャケットも持っていますがこれは最高っす。

 

 

LA SPORTIVA

www.sportivajapan.com

 

イタリアの登山靴ブランドであるスポルティバですが、登山靴のブランドとしては個人的には一番だと思っています。それなりにお値段もしますが、登山靴は登山三種の神器の一つと言われるように非常に重要なギアで、登山の安全や快適性に大きく関わるところです。ここで金をケチると間違いなく後悔します(経験者は語る)

スポルティバが良いのは、デザインもしくは機能性どちらかを優先しているのではなく、デザインと機能を上手く高いレベルで融合した登山靴を作っているということです。一度スポルティバの登山靴を履いたら他のは履けなくなります。

私が愛用しているのはアプローチシューズのTX5シリーズで、低山用にローカットのTX5 LOW GTXとハイカットのTX5 GTXの2足を登山靴として愛用しています。「登山にアプローチシューズ?」と思う方もいるかも知れませんが全く問題ありません。

 

 

GRIVEL

grivel.com

 

夏だけ登山する方にはあまりなじみの無いブランドかも知れません。イタリアのブランドですが、有名なのは雪山登山に使うピッケルやアイゼンです。正直、ピッケルにあまりブランド間の差を感じないのですが、アイゼンは違います。断然グリベルのアイゼンがオススメです。

アイゼンを付けて雪山を歩くと、アイゼンに雪が付いてしまって歩きにくくなってくるのですが、グリベルのアイゼンは雪が付着しにくくなるAntibottという仕組みが付いており、ピッケルでアイゼンを叩いて雪を払い落とす動作をしなくても済みます。これが結構助かる。

おすすめは定番かつ万能な12Gですかね。前後にコバが付いている冬靴に付けるならワンタッチのCramp-o-maticがいいでしょう。雪山でもグリベルのアイゼンは人気が高くかなり見かけますし、信頼性も高いです。

 

 

Karrimor

www.karrimor.jp

 

イギリスのアウトドアブランドであるカリマーですが、最近はウェア類にも力を入れているようです。でも、個人的にはザック屋さんのイメージ。

山用ザックの定番であるridgeシリーズが有名です。私は30Lのridgeを長年愛用してきましたが、日帰り山行だけではなく山小屋利用なら2〜3泊くらいの山行にも対応出来るので非常に使い勝手のよいザックだと思います。レインカバーも付いてるし、耐久性も素晴らしい。

ザックも登山用品店で実際に背負って決めることをオススメします。グレゴリーのザックも良いですが、あの背中の独特の機構が合わないという人もいますからね。

 

 

GREGORY

www.gregory.jp

 

最近の私の観測だと、登山者で今一番人気のあるザックブランドといえばグレゴリーではないでしょうか。その優れた機能性やデザインはさることながら、人気の秘密はトレッキング用のザックに共通している、背中の通気性に優れた可長式のサスペンションシステムにあると思います。

日帰り登山用に24Lのミウォックを使っていますが、背中の蒸れとは無縁ですし、背負ったときのバランスが良いので疲れません。人気が出る理由が分かります。

有名なのは大型ザックのバルトロですかね。テン泊の長期縦走でお世話になっている人は多いのではないでしょうか。

 

 

OSPREY

www.lostarrow.co.jp

 

私の大型ザックはオスプレーのイーサーAG 70Lです。イーサーAGはオスプレーの大型ザックの主力製品ですが、様々な工夫が凝らされていてとても使い勝手の良い製品です。切り離してアタックザックになる雨蓋や2気室に分離出来る胴内、トレッキングポールを肩紐に引っかけておけるアタッチメントなど高い機能性を持っています。

以前はグレゴリーよりも安価に購入出来たのですが、最近は価格差がなくなってきましたね。とは言え、グレゴリーに匹敵する価値を備えたザックであることは変わりありません。

ミレーやドイターのザックも良いですが、個人的にザックはカリマー、グレゴリー、オスプレーの3社が高いレベルで拮抗していると思っており、この中から私はいつも選択するようにしています。このあたりは人の好みやフィッティングの善し悪しがあるので、あくまで私の価値観と背中の形の都合によるものです。

 

 

Black Diamond

www.lostarrow.co.jp

 

品質の高いアウトドアギアを適切な価格で売ってくれるブランドのイメージが強いですね。確かアメリカのブランドですが、輸入元のロストアロー(ザックで有名なオスプレイや登山靴のスカルパなども扱っている)がいろいろ頑張ってくれているからかも知れません。

どちらかというと登山用と言うよりもクライミング用のギアを扱っているイメージが強く、私はハーネスでお世話になっているメーカーです。登山用ではトレッキングポールのメーカーとして知っている人も多いかと思います。

オススメはトレッキングポールの「ディスタンスプラスFLZ」。長さ調整可能かつ折りたたみ式でコンパクトになるだけでなく、スノーバスケット装着可能で雪山にも対応。アルミ製で軽く便利です。

 

 

PETZL

www.alteria.co.jp

 

ペツルもどちらかというとクライミング用品のブランドというイメージが強いですが、ヘッドランプはペツル製のものを使っている方は多いのではないでしょうか?私が持っているヘッドランプはペツルのアクティック350ルーメンです。

ペツルのヘッドランプは電池式なのですが、別売のリチャージャブルバッテリー(充電池)にも対応しており、使い捨ての乾電池を使わなくて良くなるのでエコな商品だったりしますのでオススメです。

ライミングギアはどれも高品質かつ利便性が高いですが、ビレイデバイスの決定版「ルベルソ」はクライマーなら持っておきたいところですね。

 

以上。

iPad mini 6を衝動買いしたのでいろいろ語ってみる

iPad mini 6をApple Storeでポチってしまった。もう完全に衝動買いなのだが。

 

f:id:panda118:20211121170841j:plain

iPad mini 6

 

人気商品というのと半導体不足の仕業もあり、すぐには手に入らず、約1ヶ月納期が掛かってしまった。しかし、久々にAppleの新ガジェットの到着待ちでワクワク感一杯の日々を過ごさせて貰った。

 

最近のApple製品ユーザーには信じられないかも知れないが、昔のMacは発売日の争奪戦に敗れると1ヶ月待ちなんてザラ(というか、いつ入荷するか不明)だったので、ひと昔以上前の苦い思い出とともに、なんとも懐かしい気持ちにさせてもらったということだ。

 

さて、やっと到着したiPad miniであるが、実はMy first iPadである。
正確に言うと両親のために無印iPadを購入したことがあるが、それ以来だ。

 

私は今までiPadMaciPhoneの中間に位置するなんとも中途半端なデバイスというイメージで、どこで使えば良いのか全く想像出来ず、あまり欲しいと思ったことがなかった。実際に借りて使ってみてもそんな印象だった。

 

では、今回なんでiPad miniを買うことになったのか説明してみよう。

その理由は3つある。

 

1.電子書籍リーダーとして使うため

さすがに最近紙の本を買うのは厳しくなってきた。
仕事の関係で比較的本を読む方なのだが、数千円するそれなりの厚さの本が本棚を圧迫しており、極力これ以上増やしたくないのと、マンガも最近はほぼ100%電子書籍購入していることもあり、そろそろ読書用の端末が欲しいということになった。

 

今まではMacの画面かiPhoneで読んでいたのだが、どちらも読書用には「たすきに長く帯に短い」ので手のひらサイズで軽量なiPad miniはなかなか魅力的な製品に見えたのだ。

 

2.動画再生端末として使うため

私の場合はYouTubeDAZNである。YouTubeは広告無しで見たいのでPremium会員にまでなっているが、これまた今まではMacもしくはiPhoneで視聴していた。

 

正直、iPhoneで十分説もあるがそれなりに大きな画面で見たいときもあるので、そういうときにiPhoneより大画面のiPad miniは手軽で便利ではないかと思えたのだ。

 

3.ノート代わりに使うため:

今回はApple Pencilも一緒に購入した。これは、iPad miniをノート代わりにして、ガンガンメモるためだ。

 

何をメモるかというと、これは仕事関係が多い。今回購入したのは私用のiPad miniなので仕事で使いたくないのだが、アイデアや書籍の読後など絵や図を手書きすると言う行為をたまにするのと、それをPDFや画像でデータとして転送出来る仕組みもあると完璧と言うことでiPadはもってこいに見えたのだ。

 

 

で、実際に使ってみてどうなのかというと、割り切って使えばかなり満足度は高い。ただ、使い勝手で一部問題があるかな、という結論である。

 

f:id:panda118:20211121175459j:plain

いろいろ使えるのだが、、

 

電子書籍リーダーとしての評価

iPad mini 6は電子書籍リーダーとして優れたデバイスのうちの一つだと思って間違いない。AmazonKindleのようにリーダーとして特化した製品にはさすがに一歩譲るものの、手のひらサイズかつディスプレイの大きさも適切で、重量も軽く持ち運びにも便利で読むときにも負担にならない。iPadシリーズの中ではこの分野で最強だろう。

 

雑誌など写真や文字が混在するような本にはもう少し大きな画面が欲しいなと思うときもあるが、大きさや重さとのトレードオフになるし、横向きにしたり拡大縮小すればいいだけの話なのでさほど大きな問題ではない。

 

空き時間に気兼ねなくさっと取り出して気軽に読める、これを何のストレスもなくできるiPad mini 6はまさに求めていたガジェットだった。100点。

 

動画再生端末としての評価

動画を大画面のTVやディスプレイで見るのも迫力があって良いが、iPad miniのような機動力溢れるガジェットで見るのもまた違った楽しさがあって良い。画面も小さすぎずちょうど良い大きさで、この第6世代からステレオスピーカーになったのでなおさら。

 

例えば台所で料理レシピ動画を見ながらとか、家族が車の中でとか、もちろんベッドで寝る前になどどこにでも持って行けるので便利この上ない。また、BGMとして音楽を流したり、デジタルサイネージ的な環境動画を再生させておくなどAmazon Echo的な多彩な使い方も可能だ。

 

ただ、iPad版のYouTubeアプリのインターフェースが微妙で、音量調整出来なかったりとなんかどこか抜けていてブラウザ版の使い勝手に劣るのが残念。逆に言うと弱点はそのくらい。90点。

 

ノート代わりの評価

この機能に関しては高い評価は付けられないかも。これはiPad miniが悪いというわけではなく、紙のノートが持つ書き心地の良さや一覧性の高さといった特性と比較してしまうとやはり分が悪いからだ。

 

画面が小さく、書ける面積がそもそも大きくないと言うこともあり、メモやアイデア帳以外の用途には厳しいと思う。お絵かきとかはもっと大きな画面のiPadが向いていると思われる。

 

また、ただ文章を書くだけであればApple Pencilはいらない。Apple Pencilで記入した文字をフォント文字に変換するScribleも万能ではないし、むしろキーボードに比べて入力は遅くなる。

 

iPadが優れているのは、直接手書きが出来るのと、電子データとして保存や連携がすぐ可能になるという点くらいなので、あまり高い期待をしないということであればノートとして使う意味はあるだろう。

 

ここで意外に困るのがApple Pencilの扱いで、普段はiPad mini 6の右長辺に磁石でパチっと付けておくのだが、手持ちでiPad mini使う時はかなり邪魔。これは何か解決させるアイテムが必要かも知れない。

 

純正メモとGoodNotes5を上記のように割り切って使う分には特に問題はない。ここに凄い何かを求めるのは間違い。60点。

 

総評

f:id:panda118:20211219191610j:plain

iPad mini 6 (Space Gray) + Smart Folio (Black) + Apple Pencil2

 

iPad mini 6を使ってみてよく分かったのは、読書や動画視聴、メール、SNSのチェックといった行為をいつでもどこでも気軽にできるようにしたガジェットだということ。なので「でかいiPhone」といった世間の評価は正しいと思う。長編の文章や資料を書いたり、動画編集したりといった複雑なアウトプットには向かない。そこを割り切って使えるのであれば購入する価値はあると思う。

 

私はセルラーモデルを購入し、LINEMOのパケットを月に3ギガまで使えるミニプラン回線を契約しているが超絶便利。やはり、iPad mini 6の機動力を最大限に生かすには外出先でのネット接続は必須。テザリングは面倒だし、公衆WiFiは使える場所が限られる。コストも税込月額990円なので財布にも優しいし、eSIMにすればネットで申し込んで1時間くらいで開通する。

 

ネット界隈では絶賛されているiPad mini 6だが、間違ってもiPad mini一台で全てを完結させようとか、メイン機で使おうとか思ってはいけない。あくまでサブとして使うなら優秀ということを理解していれば誤った買い物はしなくて良くなるだろう。つまり、万人に勧められるガジェットではないのだ。

 

あ、あと電池の持ちが悪いとかジェリースクロールがどうたら言われているらしいが、私は全く気にならないということをお伝えしておく。