DAYDREAM

白日夢を徒然なるままに

響け! ユーフォニアム  北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 前編・後編

前後編とも読了。簡単に感想など。

 

 

前編はきちんと8月の発売日に買って数日で読了したのですが、その時点で感想は書かない方が良いなと思ったのです。後編出るまで待とうと。

 

前編は正直、今までの「響け!ユーフォニアム」らしくない、と感じたからです。

 

作者の狙いもあったのかも知れませんが、新章が始まるにあたって今までとは違う形にしようとして無理に奇をてらったように感じたのです。

 

なんというかキャラでストーリーを作っている感じがして、過去の麗奈と香織のTp.ソロ争いや久美子とあすかの話などと比べると、ちょっと物足りなさがありましたね。

 

北宇治吹奏楽部が強豪となり今までとは違ったタイプの生徒が入部してくると言うのは分かるのですが、自分にとってはなんだか不自然な「ヒリヒリ感」だけが残る前編でした。

 

波乱の第二楽章の始まりと言うことで「波乱!」というニュアンスは出せていたとは思いますが。

 

で、後編ですよ。

 

こちらは面白くて一気に読破してしまいました。後編は前章の第二巻同様にみぞれと希美がメインの話なのですが、この後編こそが響け!ユーフォニアムの真骨頂ではないかと思います。

 

やはり、前編で出てきた自由曲「リズと青い鳥」はこの後編への布石だったのですね。前編の説明だけではモヤモヤしてしまうこのタイトルの自由曲ですが、後編でその真の意味が分かります。(もちろん来春公開の映画も、、、)

 

そして、後編の見所はなんと言っても「みぞれ」と「希美」の立ち位置の変化でしょう。この変化を描いた緻密な構成は響け!ユーフォニアムシリーズでも1,2を争う出来なのでは。

 

前章からそうでしたが、みぞれと希美の話はいつも本当に魅力的で、ハイティーンならではのアンニュイな関係性が紡ぎ出す「ゆらぎ」がいいんです。このあたり大人になると忘れてしまった感覚というか、ここまでピュアな関係を持てる友人なんてなかなかいませんから。

 

なるほどね、だから映画は山田監督なのか、と思った次第。今から公開がとても楽しみです。

 

 

以上

劇場版 響け!ユーフォニアム 〜 届けたいメロディ

【以下、ネタバレ含みます】

 

 

見てきた。

 

TVアニメの単なる2期総集編かと思いきや、結構新規のカットやシーンがたくさんあってビックリ。正直、1期の総集編劇場版が省エネな感じだったので良い方に裏切られた感じです。

 

これは監督を変えたというのが大きいのでしょうね。物語を見ている視点が結構変わっていて、そのあたり「監督の色を出してきた」というのが影響しているのだと思います。

 

久美子とあすかの関係性に大きくフォーカスされた物語になっていて、本当に原作第三巻の雰囲気そのまま。個人的に好きなのはみぞれと希美の話の方なのですが、こちらは別の映画になるようなのでそちらにも期待です。

 

と言うことで箇条書き感想です。

 

・TVアニメではカットされていた吹奏楽曲のほとんどをフルで聞ける。「宝島」をちゃんと最後まで聞けるのは劇場版だけ!

 

・我らが夏紀先輩の登場シーンが、前の劇場版より多くて良い

 

・追加された新規のシーンが非常に効果的。TVアニメ版とはまた違った視点からの話になっているので裏話的なストーリーも多々あり

 

・逆にTVアニメを見ていないと分からないところもある。例えば全国大会後での久美子と麻美子の会話がカットされてる。これは、久美子とあすかの話だというところに配慮してだと思うけど、印象的なシーンだっただけにちょっと残念に感じる

 

・内容とは関係ないが、映画館の音響の限界を感じた。関西大会や全国大会などホールでの演奏シーンがそれなりにあるが、迫力重視の映画館の音響では音楽としての美しさが損なわれてるなと感じた。

「宝島」は映画館でノリノリで良い感じになるのだが、「プロヴァンスの風」「三日月の舞」がよろしくない。吹奏楽はホールの音響で聴くのが一番。当たり前だけど。

 

・あの最後の山田監督の次回作の特報は今までと全然雰囲気違うし、唐突すぎて意味わかんない。あれがみぞれと希美の話になるの?(最近出た原作にでてくる物語の名前って事は知ってますよ)

 

・しかし、これほどユーフォニアムという楽器がフィーチャーされる話も珍しいでしょう。元ユーフォ吹きとしては大満足

 

 

というわけで、TVアニメ版を見ていた人もいろいろなところがちょこちょこと変わっているので、また違った感覚で楽しめると思いますよ。

多摩動物公園サポーターズday

多摩動物公園の動物園サポーター向けのイベントである、サポーターズdayに行ってきました。

 

多摩動物公園の公式Twitterがこんな感じで簡単にレポしてますね。

 

 

動物園サポーターとは何なのかというと、端的に言うと動物園へお金を寄付した人のことです。上野動物園多摩動物公園など東京動物園協会が管理している動物園はこのような制度があって、動物園に対してだけではなく、飼育されている動物を指名して寄付することも可能なんです。詳しくは上のTwitterのリンク踏んでください。

 

 

多摩動物公園のサポーターズdayは二部構成になっていて、上のTwitterの写真にもあるように第一部は動物園内のホールに集まって園長さんの挨拶と今年生まれた動物の子供達をスライドで紹介。

 

第二部は紹介された子供達を実際に見に、それぞれの展示場(放飼場)まで行くのですが、その際に飼育員さんのトークや獣舎の見学ありと動物園好きなら垂涎のイベントになってます。

 

では、以下簡単にレポしていきますね。

 

ユキヒョウ

 

今年は1頭ユキヒョウの繁殖に成功しています。子供の名前は先日命名された「フク」ちゃんですね。

 

6月に生まれた子供ですが、生育に不安があったのでまだ一般公開していません。しかし、今回は裏側で飼育中の親子を特別に見せてもらえました。

 

f:id:panda118:20170930232500j:plain

 

だいぶ元気になってきたみたいで今は心配無いようです。母親の「ミミ」(写真右)が熱心に育てているそうですよ。 

 

f:id:panda118:20170930233138j:plain

 

かわいすぎる。サポーターの皆さんにも大人気でしたね。公開が楽しみです。

 

■ターキン

 

次はゴールデンターキンです。アジアの山岳部などに生息するウシの仲間。

 

f:id:panda118:20170930234122j:plain

 

手前がターキンの子。こういった険しい足場の場所に住んでいる動物なんだとか。

 

f:id:panda118:20170930234755j:plain

 

ターキン舎を見学していたら放飼場からターキンのオスが網越しのすぐ近くにやって来ました。こんな至近距離で普通動物見れません。

 

■モウコノウマ

 

自然界では一旦絶滅した種で動物園から復活した動物の一つ、それがモウコノウマです。サラブレッドと比較するとずんぐりした体型ですが、逆にそれだけ丈夫で強い馬なんだそうです。

 

f:id:panda118:20170930235400j:plain

 

モウコノウマ舎見学中に近づいてきたオス。繁殖制限がかけられているのでメス達とは隔離されてる模様。だから一人寂しくいるところに訪れてきた人間達を観察中。馬は臆病なイメージありますが人を怖がらないんですね。

 

■チーター

 

多摩動物公園では今年チーターは2月と6月にそれぞれ子供が生まれています。2月に生まれた子供達は春先のデビュー以来すくすく育ってだいぶ大きくなりました。

 

f:id:panda118:20171001001545j:plain

 

2月生まれのチーターの子供。一見大人に見えますが、よく見るとまだあどけなさが残ってますね。まだ親が面倒見ていましたが生まれて1年ほどで親離れするとのことです。

 

亡くなったリリーの子供達も同じように立派に育って欲しいです。

 

サーバルキャット

 

当日のサプライズとしてしばらく中止していたサーバルジャンプを特別にサポーター向けに見せて頂けることに。多摩動物公園のサポーター向けサービス最高すぎる。

 

 

動物園の公式ツイッターにもあるように久々と言うことであまり高い位置まで飛んではくれませんでしたが、サーバルのジャンプ力はしっかり見ることが出来ましたよ。

 

f:id:panda118:20171001215722j:plain

 

サーバルのアポロが天井から吊されている肉を目で追っています。肉を吊すとここまではするのですが、ジャンプまではなかなかしてくれません。

 

f:id:panda118:20171001215852j:plain

 

シャッタースピードが足らずブレた写真でゴメンなさい。サーバルジャンプで肉の捕獲に成功した瞬間のアポロ。上のツイッターの写真で補完しながらご覧ください。

 

 

さて、多摩動物公園で半日かけて行われたこのイベント、とても楽しかったです。獣舎の中など普段見られない場所を飼育員さんの解説付きで回れるなんて滅多にない機会ですから。

 

うらやましい!と思った人は是非動物園サポーターになって動物園の運営を支えましょう! 

メキシコ海軍練習帆船「クアウテモク」&護衛艦「おおなみ」

久々の艦艇公開レポです。写真がたくさんあるのでご注意ください。

 

9月6日から晴海埠頭に寄港しているメキシコ海軍練習帆船「クアウテモク」の一般公開に行ってきました。今回の日本側のホストシップは護衛艦「おおなみ」です。

 

f:id:panda118:20170910143519j:plain

手前の帆船が「クアウテモク」、何故か後ろに「海王丸

 

帆船は本当に船の芸術品ですよね。上の写真で「クアウテモク」の後ろに接岸している日本の帆船「海王丸」もそうですが、マストの構造や船首像など、工芸品なんじゃないかと思うほど美しさを感じます。

 

ちょうど昨年の今頃もチリ海軍の帆船「エスメラルダ」が寄港していましたが、季候も良くなってきて秋の寄港シーズン到来です。

 

daydream2006.hatenablog.com

 

海王丸や去年のエスメラルダと比較すると「クアウテモク」はだいぶ小ぶりな帆船です。むしろ良くこれで太平洋横断してきたなぁ、と感じるほど。

 

f:id:panda118:20170910145552j:plain

 では、乗り込んでいきましょう。

 

ちなみに船の名前である「クアウテモク」とは、メキシコにかつて存在していたアステカ王朝最後王様の名前でメキシコの国民的英雄だそうです。

 

f:id:panda118:20170910145646j:plain

 

乗船するとすぐに見えるのは補助エンジンの煙突と思われるものとマリンベル。美しいモニュメントのようになっていたので思わず撮影。

 

f:id:panda118:20170910150600j:plain

 

これは後甲板にあった舵輪。舵輪の取り付け部分が木造のベンチのようになっていて面白い構造になっていますね。

 

f:id:panda118:20170910151929j:plain

 

先ほどの舵よりも中央よりにあるこちらがメインの舵でしょうか?屋外ですがテレグラフ羅針盤もあって操船する設備は整っている感じです。

 

f:id:panda118:20170910153524j:plain

 

船首まで来ました。小ぶりな船なので後甲板からもすぐです。前方に今回のホストシップである護衛艦「おおなみ」の船尾が見えます。

 

f:id:panda118:20170910154307j:plain

 

揚錨機の所にあったマリンベル。この船には確認出来ただけでも2つマリンベルが設置されていましたね。

 

f:id:panda118:20170910155059j:plain

 

船首付近から後甲板方向を撮影。マストと複雑に展開するロープが帆船の特徴ですね。板張りの甲板も今時の船にはない感じで雰囲気あります。

 

そう言えば、この船には帆船にはだいたい付いているハンドキャプスタンが無いですね。ハンドキャプスタンとはロープ巻取機のことで手動のモノと自動のモノがあるのですがこの船ではどうしているのでしょうね?(ハンドキャプスタンについては上にリンクがある「エスメラルダ」の記事をご覧ください)

 

f:id:panda118:20170910160017j:plain

 

恒例のお土産売り場。いくつか売り切れ品もありましたが、Tシャツやマグカップなど販売されていました。

 

f:id:panda118:20170910160704j:plain

 

「クアウテモク」船尾から。帆船は後ろから見ても美しいです。大きなメキシコ国旗がたなびいてます。

 

f:id:panda118:20170910160316j:plain

 

「クアウテモク」の船章。カッコいいなぁ。

ちなみに"ARMADA DE MEXICO"はスペイン語で「メキシコ海軍」の意味。"BUQUE ESCUELA CUAUHTEMOC"は「練習船クアウテモク」の意味です。

 

さて、これで「クアウテモク」の見学は終了。次はこちらも艦艇公開中の護衛艦「おおなみ」に行きます。

 

f:id:panda118:20170910162335j:plain

 

ホストシップと言えばたかなみ型ですが、今回はたかなみ型の2番艦「おおなみ」です。確か昨年韓国艦艇が寄港したときもホストシップを勤めていました。

 

f:id:panda118:20170910164808j:plain

 

突然ですが、「おおなみ」の127mm主砲弾頭部分。持たせて貰いましたが重さ32kgは想像よりも重かったです。見た目の大きさよりもぎっしり詰まった重さなんですよね。

 

f:id:panda118:20170910170403j:plain

 

もうヘリ格納庫の中ですが、フラッグとともに乗艦記念の撮影スポットが(正式名称はなんて言うんだこれ?)。特定の護衛艦専用のこれって初めて見ました。

 

f:id:panda118:20170910171215j:plain

 

格納庫内ではおなじみのヒモ結び体験会やってましたが、何故か教える側の隊員の皆さんはプロレスの覆面をかぶってやってました。そういえばメキシコ艦艇のホスト役だったな、と気がついたのは下船後。

 

ミル・マスカラスとか懐かしいですよね。もはやおっさんにしかわからんネタなのでは?

 

f:id:panda118:20170910173205j:plain

 

最後にヘリ管制室に入れて貰いました。むらさめ型たかなみ型の格納庫口の脇にあるガラス張りのあれです。写真はヘリが着艦時に使用する着艦拘束装置の操作盤です。

 

というわけで、メキシコ海軍練習帆船「クアウテモク」&護衛艦「おおなみ」の艦艇公開レポでした。

【320i M Sport(F30)】車検受けてきた&志賀草津道路

早いものでもう320iを買ってから丸々3年になるわけですね。

そうです、車検の時期です。

 

基本的にサービスインクルーシブに入っていれば年次点検時にお金は掛からないのですが、まぁ、車検はそうも行かないわけです。

 

4年目以降の税金や自賠責保険は必要な費用なのでここでは言及せずに、車検整備費用に関してお話ししますね。

 

私は基本的にディーラーに車検を出すようにしています。信頼出来る民間整備工場探すのが手間なのと、ぶっちゃけ何も考えなくて良いから、ですかね。

 

で、今回かかった費用は本来車検時にしなくても良い、オイル交換(BMW車は2年に一回でOK)とワイパーブレードの交換を頼んだので若干掛かりました。それでも整備費用的には10万円ほど。税金類と合わせて15万くらいですかね。

 

オイル交換(50L)とワイパーブレード変えなければ、3万円くらい安くなります。

 

BMWの車に乗り始めてもう10年経とうとしていますが、まぁ、経験的にもこんなもんでしょう。

 

なお、車検時はブレーキオイルの交換時期なのでブレーキの分解整備が入るのですが、その調整が神がかっていて大満足。踏みしろやブレーキタッチもばっちり。

 

やはり定期的な点検や油脂類の交換で好調を維持すればカーライフも楽しくなると言うもの。おかげで外出する機会もまた増えますね。

 

f:id:panda118:20170805065227j:plain

 

というわけで、車検を受け完全リフレッシュ後に行って参りました志賀草津道路こと国道292号線です。夏の山岳ワインディングはBMWにとってまさに独壇場。

 

個人的にこの道は本州の二大景観道路のうちの一つだと思いますね。ちなみにもう一つは八幡平のアスピーテラインではないでしょうか。

 

f:id:panda118:20170805065644j:plain

 

志賀草津道路のトピックと言えば、最近まで閉鎖されていた白根山の湯釜見学が再開されました。ちょっと山を登るけど登り切った先は絶景が待っていますよ。

 

f:id:panda118:20170805065947j:plain

 

志賀草津道路沿いには質の高い温泉地があることで有名です。群馬側には草津温泉万座温泉、長野側には渋温泉湯田中温泉など。写真は渋温泉の大湯です。かなり熱い温泉でしたが完全掛け流しのお湯は最高でした。

 

Let's Enjoy BMW Life!

新型シビック国内発売に関してあれこれ

先日ホンダから新型シビック国内発売の発表がありましたね。

 

www.honda.co.jp

 

trafficnews.jp

 

6年ぶりの国内発売のようでなによりです。私が一番初めに所有した車がシビックだったという思い出深い車種なので、この国内での復活劇は歓迎したいですね。

 

あくまで個人的な感想ですが、デザインもなかなかに刺激的な攻めたスタイリングで、一昔前のシビックにあった「若々しさ」とか「スポーティーさ」みたいなモノが戻っているような気がします。

 

個人的にシビックというと1990年代前半の人気車種であった「スポーツシビック」いわゆるEG型のシビックなのです。今回の新型シビックの発表を見てふと思い出したのがこのEGシビックでした。

 

当時としてはこのランクの車種にしては贅沢な前後輪ともダブルウィッシュボーンサスを採用し、名器B16Aエンジンを搭載したSiRは憧れの車でしたねぇ。あぁ、歳がバレる、、

 

とはいえ、この頃はまだ学生で車を買えるわけもなく結局EG型は憧れに終わってしまうのですが。

 

ところで、新型の諸元表を見ていてビックリしたのが、全幅の数値です。なんと1,800mmもあるんですね。シビックがクラウンと同じ全幅なのですよ。EGシビックの時代から考えると信じられない変化です。

 

これ、今に始まったことではないですが、クルマのグローバル化を感じさせる一端ですよね。日本のメーカーといえどクルマの大きさが日本のサイズ基準ではなく、世界基準になっていっているという。

 

##ちなみにこの新型シビック、セダンは国内生産ですが、ハッチバックとTYPE-Rは英国での生産とのこと。##

 

価格もノーマルで280万円、TYPE-Rが450万円ですか。昨今の安全性対策の必要性とグローバル化に伴う車格の拡大からノーマル280万円はなんとなく理由がわかりますが、TYPE-Rは凄いですね。

 

同じ車格のFFホットハッチとして対抗馬はGolf Rでしょうか?TYPE-Rが320ps/40.8kgのエンジンに対して、Golf Rが310ps/40.8kgなので動力性能的にはほぼ互角。

 

一方でGolf Rは550万円するので、これを考えるとまぁTYPE-Rのほうが安いのかな?!という錯覚は起こせそうです(笑

 

それにしてもDC5 TYPE-Rの時にも言いましたが、以下の件は気になります。

 

ホンダは「『TYPE R』は、ベース車からのチューンアップではなく、開発当初より『TYPE R』として目指す理想の姿をゼロから思い描き追求したことで、大幅なスポーツ性能の向上を実現。」

(乗り物ニュースの記事より引用)

 

また量産型TYPE-Rなのか、、、などと思いながら今回は筆を置くことにしましょう。

 

 

【320i M Sport(F30)】フェンダーモールが不要に

これでやっと一部の日本向けのBMW車に付いていたフェンダーモールを付けなくても良くなるわけですね。

 

trafficnews.jp

 

■審査事務規定の一部改正について(第11次改正)独立行政法人自動車技術総合機構

https://www.naltec.go.jp/topics/fkoifn0000004i2j-att/fkoifn0000004i3n.pdf

 

簡単にまとめると自動車保安基準の改正により、6月22から以下の2点が緩和されています。

 

1.ハンドルを直進方向にした際、タイヤ中心部から前方30度、後方50度の範囲において、10mm未満であれば、はみ出しても許可されるようになりました。タイヤのリブ(編集部注:タイヤの側面に設置された厚いゴムの突起)も改正により、突出部分と見なされなくなりました。乗りものニュースより引用)

 

2.これまで(1970〈昭和45〉年以降)マフラーはクルマの中心(編集部注:クルマを真上から見た状態で、前後方向の中心軸)に対して、左右30度の範囲内で取りつけることができましたが、基本的にどのような角度でも自由となりました。乗りものニュースより引用)

 

我々、F30のMスポ乗りに影響があるのはタイヤに関する1の改正で、ご存じのように前後のフェンダーにタイヤはみ出し対策用のモール(プラスチック製の出っ張り)が付いていますがこれで不要になるわけです。

 

なんか記事にあるコメント欄でいろいろ言われてますが、実際にはF30のMスポはフェンダーからタイヤがはみ出しているわけでは無く、いわゆる「ツライチ」の状態です。あのモールの薄さからして念のための処置であることが分かると思います。

 

年式問わず有効になるようなので、14年式の私の車に関してももう取ってしまっても怒られることは無いと言うことですが、フェンダーモールをキレイに剥がせる自信が無いのでそのままにしておくつもりです。