読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAYDREAM

白日夢を徒然なるままに

メイキング・オブ・東京スカイツリー

震災の影響で暫く休館していたお台場にある日本科学未来館が、11日から営業を再開しています。その特別企画展として開催されている「メイキング・オブ・東京スカイツリー」に行ってきましたのでレポートしますね。

Img_0239

めでたく来年5月の開業が決まった東京スカイツリーですが、世界最大の電波塔のまさにメイキング資料や建設中の様子など非常に興味深い資料が揃えられていました。

Img_0242

解体用クレーン。いつもてっぺんに付いてるアレです。

まず初めに驚かされるのは「東京スカイツリー」のデザインコンペの図でしょうか?現在の形に近い物から、塔ではなく気球にして電波アンテナなどを上空までつり上げる案や景観に影響を与えないように全面シースルー案など奇想天外な形状まで飛び出しておりとても面白いです。

基本形状が決まってからは実際に建築するに当たっての設計段階で、塔の細かい形状がだんだんと適切な形に変遷していく様(塔を円錐にするのか三角錐にするのかなど変遷の形態が模型になって展示されている)など事細かに展示してあります。

また地震や強風に対する備え(スカイツリーは制震構造)は非常によく考えられており、その仕組みも面白かったので是非ご覧になることをオススメします。

Img_0246

会場内の様子

Img_0248

レゴで作られたスカイツリーのミニチュア。でもデカい!

日本科学未来館の展示の仕方の特徴なんでしょうか、展示のデザインやビジュアル・配置にこだわりが感じられ非常に楽しめる展示会でした。子供だけでなく大人も楽しめる工夫も成されており「へー」とか「なるほど」という知的な驚きの連続になるでしょう。

Img_0252

売店で売られていた東京スカイツリー仕様のミネラルウォーター

10月2日まで開催しているようですので、特にスカイツリーが見える位置に住んでいる人は知識として知っておくと良いと思いますので是非。