読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAYDREAM

白日夢を徒然なるままに

容疑者Xの献身

映画

原作も読んでないし、テレビのシリーズも見てないんですが何となく気になって見に行ってしまいました。東野圭吾原作の「容疑者Xの献身」です。

まず率直な感想としては重厚な人間ドラマを見させてもらったな、の一言に尽きますね。もっとテレビっぽい演出、たとえば事件のトリックを明かしていくカタルシスを楽しむような映画を想像していたのですが、実はそこに重点があるわけではなく良い方向に裏切られた感じです。

そういえば以前に鑑賞した同じく東野圭吾原作の「手紙」もそうでしたが、この作家のドラマは本当に重厚で心にズシッと来ますね。その映画化ともなると役者の技量に負うところも多くて、この映画だと堤真一が演じた石神などは下手な役者では到底演じられない役でしょう。

「手紙」での玉山鉄二といい、「容疑者Xの献身」での堤真一といいテーマを決定づける最も重要な最後のシーンで台詞でではなく、演技で見る者の心を揺さぶる役を完璧にこなしていたと思います。素晴らしいです。

残念ながら福山雅治柴咲コウは今回脇役ですね。でもその分、映画らしい重厚なドラマができあがっていました。単なるTVドラマの映画版ではありません、是非映画館で鑑賞されることをオススメいたします。