読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAYDREAM

白日夢を徒然なるままに

映画「サバイバルファミリー」

見てきた。

 

survivalfamily.jp

 

この映画、矢口監督作品でなかったら見に行くことは無かったと思う。

 

はっきり言って自分にとっては久々に映画見たのを後悔しました。鑑賞に費やした2時間と1500円を返して頂きたい。それくらい「矢口監督どうしちゃったの?」という作品。

 

やりたいことは分かるんです。テーマはいつもの矢口監督作品らしく分かりやすいし、コメディタッチの演出もいつもの通り。

 

でもね、今回のこれはないよ。

どんなところがダメだったかネタバレしない程度に箇条書きで挙げていきます。

 

・どうしようもないくらい全体的に地味。これ映画じゃなきゃダメだったの?

 

・パニック(ディザスター)映画(?)としてはとてつもなく中途半端。自然災害のような映像としての見せ場も作れない設定だからか

 

・家族の再生物語としてもベタで今更感の塊。実際に東日本大震災を経験して以降はなおさら

 

・サバイバルと言っても結局店の中の物を拝借(窃盗とも言う)するだけ

 

・ストーリーがご都合主義的

 

・そういえば、娘役の葵わかながどこかスウィングガールズの時の貫地谷しほりを彷彿とさせる(これはダメな点じゃない)

 

 

矢口監督の映画のテイストがこの作品の設定と相性が悪いのか、ストーリーの組み立てがいまいちなのかわかりませんが、映像としてもイマイチだしストーリーも起伏に乏しく面白いわけでもなくどこを評価して良いのか分からない映画でした。

 

もう思いっきりギャグに振るとか、荒唐無稽な方法でもいいからパニックの原因となったある事象を一家で解決してしまうとか、もっとエンタテイメント方向に寄っても良かったのではと思いますね。

 

次回作に期待ですね。

映画「沈黙 -サイレンス-」

見てきた。

 

chinmoku.jp

 

実はこの映画、公開初日(1/21)に鑑賞していたのですが、感想をしばらく書くことができなくて、やっと最近になって心の整理が付いてきたのかこの映画に対する言葉を紡ぎ出せるようになった作品です。

 

久々に凄い映画だった。映画を見るのをやめられないのはたまにこういう映画があるから。

 

心を揺さぶられ、そのストーリーや登場人物に思いを馳せることでしばし沈思黙考してしまうこのような作品に出会えるのは私にとって映画の醍醐味なんですよねぇ。

 

「ドクター・ストレンジ」のような娯楽大作も映画として楽しく鑑賞できましたが、全くデートに不向きなこういう映画もまた映画なんですよね。表現とは奥が深いです。

 

原作である遠藤周作の「沈黙」は学生時代に読んだことがあるのですが、この映画を鑑賞した後もう一度読み返してみて内容を勘違いしていたことに気がつきました。

 

それはロドリゴの棄教(転ぶ)に関して。結局この人はキリスト教を完全に捨ててしまって幕府の側に付いてしまった人と思っていたのですが、そうではなく信仰は深く内に秘めた形で心の底から転んではいなかったのですね。

 

そういった勘違いもあり、当初はこの「沈黙」という原作は人の弱さだとか、世の理不尽さだとかそういったことがテーマなのかと思っていたのです。

 

全然違いましたね。己の思慮の浅さに自己嫌悪です。

 

改めて考えると「本当はそうしたくないのだが、何か自分の大切なもののためにあえてそうする」って、誤解を恐れず凄く簡単に言うとそういうことなのかなと。

 

人も生きていく中で程度の差こそあれそういうことをする場面って少なくないと思うんですよね。家族のため、友人のため、会社のため、信念のためなどなど。そこで自分を犠牲にしてまで「それ」が出来るかって話かと。

 

この作品では「(表向き)信仰を捨てる」という行為ですよね。”あえてそうする”という行動に当たるのは。

 

もちろんそうするには自身のとてつもない葛藤と勇気が必要なわけで、それは人の弱さどころかむしろ強さなんじゃ無いかと思ったわけで。

 

対照的に、キチジローは普通の人間ですよね。彼のとった行動を、そしてその弱さを責められる人間がこの世に果たしてどれだけいるというのか?

 

いや、返す返す凄い映画を見たなと。さすがスコセッシ監督です。

次期MacBookに期待すること

まさに今ブログを書いているのに使っているMacBook(early 2015)も今年の4月で3年目を迎えようとしており、そろそろ買い換えを考える時期になりました。

 

なぜなら、Macは2年ごとに買い換えるくらいが一番効率が良いからです。

 

それは、Macは中古が結構高く売れるのでその資金を元に新型に買い換えると「やたら高価に見える」MacBookもそんなに投資しなくても買い換えできるんですよ。

 

まるでスマホみたいですけどね。

 

www.apple.com

 

世間的には「非力だ」とか「高すぎる」とかいろいろ言われてはいますが、個人的にモバイルノート特化のMacBookのコンセプトがとても気に入っています。なのでMacBookはまたMacBookで買い換える予定です。

 

MacBookならiPadとかでいいんじゃね?」ってよく言われますが、私は全くそうは思いません。タブレットとノートは全然違うカテゴリの製品だという認識です。そもそもタブレットはキーボードが付いてない&macOSじゃない時点で私的にはNGです。

 

さて、MacBookを2年使った経験から買い換え最有力候補である次期MacBookに期待することを書きます。本来はAppleに要望として挙げるべきでしょうけど公開要望書と言うことで。

 

1)価格を下げて!

 

まー、これはね。

 

薄型かつ軽量化を目指しつつ細部にこだわりすぎて価格が高くなってしまったのは分かるのですが、ちょっとやり過ぎ感もあります。まぁ、そこがAppleらしいところですが。

 

そろそろ量産効果も効いてくるでしょうから、次当たりはもう少し安くお願いします。できれば一番下のモデルは10万円切って欲しい。

 

2)USB-Cポートをもう一つ追加するか電源ポート復活させて!

 

モバイル用途で使う程度ならUSB-Cポートは1個あれば大概間に合うのですが、充電しながら外部モニタ出力したいときとかたまにあって、やっぱり1個だけだとかゆいところに手が届かない感じはありますね。

 

拡張アダプタを使う方法がありますが結構な値段するしかさばるので、ここはもう一つUSB-Cポートを追加するか電源ポート追加でだいぶそういった不便も解消されると思うのですがねぇ。

 

3)MagSafe復活させて!

 

電源ポート追加ならMagSafe仕様で追加して欲しいです。

すごい画期的だったのに何で無くしたんだろう?

 

4)性能もうちょいUPして!

 

MacBook Air並とは言わないまでも、近い性能は欲しいかな。

基本的に毎年CPUのアップグレードによる変更はなされているので、2017年モデルはインテル第7世代であるKabyLakeプロセッサが載ってくるはず。これに期待。

 

 

うーん、個人的にはこんなものかな?!

 

人によっては「キーボードをもっとどうにかしろ!」とか「画面解像度がー」とか言う人もいると思いますが、クラウド環境が使えることを前提にモバイルMacと割り切ればさほど使っていて不満は無いのですよね。

 

ただ、多くの人はMacBook Airの後継機種だと思ってメインマシン的に使おうとするので中途半端に感じるのでしょう。それは考えを改めるべきだと思うけど、果たしてMacBookの性能だけでは足りないって人がどれだけいるのか疑問。

 

 

最後に、なんだかんだ言ってモバイル使用で最大の不満はMacBook云々というよりも、日本のWiFi環境の悪さ。速度的にも接続的にも使えないアクセスポイントが多すぎる。

 

最近こそWiFi使えるお店とか公共施設が増えたけど、まだまだ通信品質と言う面では課題ありですね。通信環境の改善でMacBookのようなモバイルノートの価値もさらに高まりますから。

 

<2017/2/25追記>

ビックカメラが2年ごとに新しいMacに乗り換えられる、いわゆる残価設定型のリースを始めたようですね。

 

www.biccamera.co.jp

 

これ、初めはどうなんだろ?と思っていたのですが、2年で返却もしくは買い換えの設定にすると計算上、直接もしくはクレジットで買うよりもお安くMacが手に入ります。買い取りは残価を払うため全くメリットがなくなるので選択肢としてあり得ない感じです。(最終的にMacを中古市場にて売ることで利益を回収するビジネスモデルなので、買い取ってしまうとリース料などが乗った形で総額を支払わねばならなくなり損してしまう)

 

しかも数万円するApple Careが無料で付くので、もしかしたらこれかなりお得な買い方なのかも知れません。

 

まぁ、携帯の2年縛りみたいに2年経たずに他の機種に乗り換えは厳しくなりますし、当初想定の売却予定価格より低くなったらどうなるんだとかリスクはありますね。

 

とはいえ、これだとメモリ追加などのカスタマイズ(BTO)できないだろうし、使っているときはリース会社の貸与で「私の所有物ではない」状態は精神衛生上良くないのでこの仕組みを私が使うことはないでしょうけど。

 

<2017/5/16追記>

いい加減出ませんねー、新型MacBook

6月のWWDCiPad Proの新型が出るとか噂してますが、なんで売り上げ下降一直線のiPadの新型を大した変更もせず出すのか意味わからんですよ。そんなことよりMacBook/Pro/Airとラインナップが混乱しつつあるMacBookシリーズをどうにかしなさいよ!

iMac+Audirvana Plusでハイレゾ音源を楽しむ

遂に先日永続ライセンス購入したAudirvana PlusとDACのUDAC32Rの本領を発揮させる時がやって来ました。

 

それはやっとハイレゾ音源を買ってもいいかな、と思わせる音源が現れたからなのですが、それがこれ。

 

www.e-onkyo.com

 

この前のエントリでこのサントラの感想書いてますが、ただのアニメのサントラと思われると困ります。吹奏楽ですよ、吹奏楽

 

本当のことを言うとCDをamazonで予約していたのですが、発売日に届かずいわゆるkonozamaを喰らってしまったので待ちきれず「えいやっ!」と発売当日にonkyoのサイトでハイレゾ音源をダウンロード購入。

 

結局このサントラをCDとハイレゾ音源(FLAC 24bit/96kHz)で両方持つことになってしまうことに。なんだか発売元のランティスにとって良いお客さんになってしまったですよ。

 

で、せっかくなので両方の音源を比べてみようかなと。

 

ちなみにCDの方はiTunesApple Lossless(ALAC)でエンコードした音源をAudirvana Plusで再生した音で比較してます。

 

f:id:panda118:20170125202748p:plain

結局「おもいでミュージック」のハイレゾ版も買っちまった。。 

 

■再生環境

Mac : iMac(Late 2015)

Player : Audirvana Plus 2.6.4

DAC/HPA : RASTEME UDAC32R

Headphone : AKG K712 PRO (C200 recabled)

Apple Losslessは16bit/44.1kHz FLACは24bit/96kHzの音源

 

ハイレゾの良いところ】

・解像度が高く音の抜けが非常に良い。特にトランペットやフルート、オーボエ、シンバルなどの音のきらびやかさは明らかにハイレゾの方が良い

・音がシルキー。ハイレゾ音源の方は例えばユーフォニアムのようなふわっとした感じの音を出す楽器でも、CD音源より滑らかでギュッと密度のある音で再生される

・全体的に音に余韻がある。また、「空間に音が拡散している」といった空気感を強く感じる。

 

ハイレゾの悪いところ】

・ファイルサイズがかなりでかい。Apple Losslessで38.6MBの曲がFLACだと141.2MBと4倍近く大きい。ちなみにAAC 256kbpsだと8.7MBの模様

・再生環境に金が掛かる。Macだと有料のアプリが必要だしCDよりも音源が高価。ハイレゾ対応DAC必須かつ良いスピーカーもしくはヘッドフォンも必要

・外に持ち出したい場合も面倒。iPhoneiPod等では単独でハイレゾ再生出来ないので、ハイレゾ対応のポータブルアンプ(ポタアン)もしくはハイレゾ再生に対応したプレイヤー(ONKYO DP-X1等)が必要になる

 

 

うん、違いますね。CDとハイレゾでは音が違う。

 

もう単純な音質云々と言うよりも、音のある空間を緻密に再現するといった感じで再生音のレベルが違いますね。「さすがハイレゾ」と言わざるを得ません。

 

では、CDやApple LosslessのようなCD音質並の音源や圧縮音源のAACはダメなのかというと、全くそうは思わず「家のオーディオスピーカーの前で正座して音楽を聴く」状況でも無ければハイレゾもCDもあまり変わりは無いというのも正直な感想です。

 

まだハードルが高すぎるんですよ、ハイレゾ再生は。現状、利便性やコストと得られるものを比較するとハイレゾはまだ一部の人の趣味的な部分が大きく、急いで導入するほどのものでも無いかなと。

 

現にハイレゾ音源聴くのは家で音楽鑑賞するときだけで、普段iTunesiPhoneに入れて気軽に聞いているのはCDからエンコードしたApple Losslessの方ですから。ハイレゾ対応のポタアンやハイレゾ対応再生プレイヤーを買うほどメリットは感じていません。

 

とは言え、しばらくすればハイレゾ対応機器が増えていくことで、今主流のMP3やAACに取って代わる音源フォーマットに間違いなくなっていくでしょう。その予兆を今回体験させて頂いたという感じです。

 

<2017/4/4追記>

こんな記事を発見

av.watch.impress.co.jp

 

なるほどね。CDとハイレゾではマスタリングの違いの方が大きいと言うことか。

おんがくエンドレス

一通り聴いた。

 

 

これ途中からアニメのサントラだって忘れて聴き入っちゃいますね。CDの2枚目と3枚目は完全に吹奏楽曲のコンピレーションアルバムですよ。いや、それが凄く良いのだけど。

 

個人的には「ダッタン人の踊り」「宝島」「響け!ユーフォニアム」目当てでしたが、それ以外も本当に素晴らしい演奏で聞いていて全然飽きません。

 

というわけで、聴いて気になった吹奏楽曲の感想やら何やら書いていきたいと思います。

 

ダッタン人の踊り

 

うーん、これじゃ中学レベルとはいえ府大会で銀賞は致し方無しかな。これまた前後に当てつけのように全国レベルの高校の二曲、清良女子のチャイコの4番と大阪東照の曲があるからますます、、ねぇ。

 

この曲期待していたのでちゃんと普通に演奏したバージョンも欲しかったなぁ。関西大会で北宇治の前に明静工科が演奏してたからそのバージョンも収録して欲しかったかも。この南中は木管は良いんだけど金管が。。。てか、南中にはハープがいるんだ。

 

コンクール用に短くカットしたバージョンだけれど、全国金賞レベルの「ダッタン人の踊り」とは何なのか知りたい人はこれを聴きましょう。さすが習志野、圧巻!

 

 

■宝島

 

いい、凄く良い。特にバリサクソロ。

シエナや東京佼成の模範演奏より好きかも。

 

吹奏楽経験者なら誰しも一度は演奏したことがあるであろうポピュラーな曲ですから、劇中で使われた曲と言うことだけで無く、思い出補正が思いっきり掛かる人も多いのではと思いますね。えぇ、私のことですが。

 

でも、正しいこの曲の聴き方は「えきびるコンサート」の晴香を思い起こしながら聴くことですよね。私にとっては「ダッタン人」もそうなのですが、思い入れのある曲にさらにこのアニメのエピソードが付くと、また今までとは違った聴き方が出来て新鮮なんです。

 

アニメでは流れませんでしたが、このサントラではきっちりと例の金管のSoliも入ってますからトランペットやトロンボーン経験者も大満足でしょう。

 

プロヴァンスの風と三日月の舞

 

両曲とも「関西大会突破Ver.」と「全国大会銅賞Ver.」が入っているけど、関西と全国の間に一体何があったんだ?と思わせるこの差。いや、何があったのか知ってはいるんだけど。。。

 

「関西大会突破Ver.」は両方とも凄まじい気合いを感じますね。なんというか、挑戦者らしく失敗を恐れない突き抜けた演奏とでも言えば良いかな?

 

特に三日月の舞はホルンがかなり頑張っていて「沢田・加橋覚醒Ver.」と名付けても良い出来でしょう。滝先生も言っていたけどホルンが格好いい曲なので、ホルン隊の出来は非常に重要。(沢田・加橋 : Hrの1stと2ndを勤める三年生のこと)

 

あとトロンボーンの怒濤のアンサンブルもステキでした。三日月の舞の曲自体がハーモニーをぶ厚くとる曲じゃ無いからホルンやトロンボーンなどの中音域の楽器が頑張ると曲自体に厚みが出て良い感じになりますよね。

 

この三日月の舞が今までで一番好きな演奏だなー。

 

これはアニメ見ていたときには気がつかなかったので、嬉しい発見です。

 

それに比べ「全国大会銅賞Ver.」は全国大会ということで緊張でもしたのか、関西のと比べるとやや小さくまとまっちゃった演奏ですね。テンポも若干走り気味だし。まぁ、こりゃ全国じゃ銅ですかね。

 

それにしてもこういう違いをきっちり付けて演奏してくる洗足音大F.W.E.はすごいですね。

 

<追記>

後で解説読んだら関西突破Ver.にはプロ奏者入れてるとのこと。なるほどねー。

 

<2017/5/1追記>

おぉ、航空自衛隊中央音楽隊の「三日月の舞」凄い!

さすが外囿さんのいたところですねぇ。

 

響け!ユーフォニアム

 

全部で4種類のバージョンがCDに収められていますね。最終回のエンディングで流れた<Last Ver.>、合宿先であすかが吹いていた<朝もやVer.>、河原の土手で吹いていた<久美子と二人きりVer.>。

 

どれもアニメでは印象深いシーンだったので鮮明に覚えています。

 

が、しかし、今回のサントラでの目玉は吹奏楽編曲バージョである<Wind Orchestra Ver.>でしょう。

 

これ凄い名曲じゃ無いですか?!聴いてるだけで泣きそうになるんですけど。

 

自分がユーフォ現役の時だったら絶対定演で演奏してるレベル。でも、中間部のEuph.メッチャ難しそう。

 

ヤマハはこの曲とヴィヴァーチェ!吹奏楽編曲の2曲を今年のニューサウンズの新譜として絶対出版するように!全国100万のユーフォニアム奏者が待ってるはず。

 

三年生のユーフォ奏者は引退演奏でソロがある曲の選曲に結構困るから、まさにこの曲は最適だと思いますがどうでしょう。

 

 

というわけで、第二回の定演を早くやって欲しいと思う今日この頃

こんなにいい曲たくさん聴けて幸せだー

 

以上

2016年買って良かったもの

2016年に買って良かったものBEST5をまとめます。

 

★BEST5★

 

5位 無印良品 瀬戸内海の塩バスソルト

 

www.muji.net

 

我が家で無印良品の製品の中では今年一番のヒットだと思います。

 

この製品は5種類くらい香りがあるのですが、いくつか使ってみて上のリンクにある甘いフルーティーな香りに包まれる「グレープフルーツ」と柑橘系のさわやかな香りの「レモングラス」を愛用してます。

 

バスソルトなのでお湯が柔らかくなり、製品の色にお湯が濁ります。お風呂に入れるととてもくつろげるので、この冬お風呂でのマストアイテムになっています。

 

ただ、ちとお値段高めなので低価格化を希望。

 

 

4位 SONY MDR-1000X

 

daydream2006.hatenablog.com

 

ワイヤレスヘッドフォンはその利便性で一度使うともう戻れないと思います。さらにノイズキャンセリングが付いていれば、外出時などの野外で使用する際には絶大な威力を発揮してくれます。

 

ヘッドフォンジャックが廃止されたiPhone7とも相性が良く、音質も以前の製品とは違ってかなり良くなっているのでワイヤレス持っていない人はそろそろ検討しても良い時期ではないでしょうか。

 

その中でもMDR-1000XはSONY渾身のワイヤレスヘッドフォンと言っても良く、人気のBOSE Quiet Comfort 35と互角以上に渡り合える製品です。

 

音質はこの手の製品では最高峰でしょうし、ノイズキャンセリングの性能も相当高いです。出来ればもう少しコンパクトになっていれば良かったですけどね。

 

 

3位 Apple iPhone7

 

daydream2006.hatenablog.com

 

3位にiPhone7を挙げた最大の理由はFelicaの採用があったからです。

 

これで今までカード類で持っていた電子マネー系がここにまとめられるようになったので最近は本当に財布を持ち歩かなくなりました。生活が変わるとはまさにこのことかと。

 

特にSuicaとiDをApple Payに入れておくことで、首都圏に住んでいれば交通費精算は言わずもがな、自販機からコンビニ、カフェ、スーパーの買い物までほぼ全てに使えるのでこれだけで生活可能レベルです。

 

さらに一歩進めて、カードの明細や口座などをWebサービスの家計簿と連動させています。これで面倒だった家計管理も自動でかなり細かいところまで分析できるようになりムダを抑えられるので良い感じです。

 

 

2位 EVERLANE カシミヤセーター

 

www.everlane.com

 

 最近、そのユニークな製品情報の公開で話題になっている米国のアパレル企業Everlane。製品の製作コストや利益まで開示しているだけでは無く、生産工場などのファクトリーの情報もきちんと詳細にわたり公開されています。

 

製品そのものはシンプルで飽きの来ないベーシックなモノが多く、価格の割に品質も高いです。また余計な装飾が一切無く他の服との合わせやすさもポイント。衣料だけでは無くバックなども評価が高いです。

 

「それならユニクロと同じじゃん」と言われそうですが、Everlaneの方はデザインや色使いがやや大人の印象を受けます。

 

通常は米国とその周辺へのネット通販しかしていないのですが、たまに日本などその他の国にも配送してくれるチャンスがあります。

 

www.everlane.com

 

その時に買ったのがこの100$のカシミヤセーターですが、とても暖かく手触りも良いモンゴルカシミヤ使用とコスパ最高でした。この冬手放せそうに無いです。

 

 

1位 AKG K712 PRO w/ C200 cable

 

daydream2006.hatenablog.com

 

daydream2006.hatenablog.com

 

2016年一番買って良かったモノはAKG K712PROヘッドフォンとリケーブル用のケーブルC200の組み合わせです。

 

K712 PROはとにかく私好みの音を出すヘッドフォンで、全体的にバランス良く鳴るAKGの基本路線は守ったままオープンエアらしく抜けの良い高音域や音の広がりがあります。オープンエアでは拡散しがちな低音もしっかり出ていて弱点も解消されているのが良いのです。

 

なので、ジャンルを選ぶことなく原音に忠実に再生されるので本当に素晴らしい製品だと思います。

 

さらにAKG純正のC200でリケーブルすれば音に全体的にかさ上げされたように厚みとキレが加わり鬼に金棒状態ですよ。

 

 

というわけで、2016年買って良かったものでした。

企画展 高雄型重巡 〜条約型巡洋艦と竹本常二の”愛宕”模型〜

お台場に行ったついでに船の科学館へも足を伸ばして、タイトルの企画展「高雄重巡 〜条約型巡洋艦と竹本常二の”愛宕”模型〜」を見学してきました。

 

前回は戦艦陸奥の企画展をやっていましたが、今回は高雄重巡洋艦です。

 

私、旧海軍の軍艦の中でも高雄重巡大好きなんですよね。あの重厚な艦橋とすらっとした美しい船体は日本海軍史の中でも一二を争うカッコ良さを持っていると思います。

 

f:id:panda118:20161225160233j:plain

 

展示は陸奥の時と同様にロビーの一部を利用した比較的小規模なものですが、メインである愛宕の1/100模型や貴重な写真の掲示があるなど、なかなかツボを押さえた良展示だったと思います。

 

掲示されていた写真類は撮影禁止でしたが、愛宕の模型は撮影OKだったので撮ってきました。以下、1/100スケール愛宕の模型写真です。ガラスケース内での展示だったため映り込みはご容赦。

 

f:id:panda118:20161225164902j:plain

正面からは迫力あります。昭和12年時の姿を模型化したものとのこと。

 

f:id:panda118:20161225164919j:plain

左舷後方から

 

f:id:panda118:20161225164933j:plain

格納庫と4番5番砲塔。水偵や内火艇などの作り込みが凄いです

 

f:id:panda118:20161225164946j:plain

艦橋周辺。愛宕が近代化改装するのは昭和13年なので艦橋が小型化する直前の状態ですね

 

模型がとても精巧で当時の勇姿を余すこと無く再現していて本当に素晴らしかったです。掲示されている写真も艦の姿をきっちり捉えたものが多く、近代化改装前後の違いなどを実際の写真で比較できるなどとても興味深いものでした。

 

戦艦、巡洋艦ときたので次は空母か駆逐艦あたり期待してまーす。

 

<追記>

船の科学館と言えば以前、陸奥の主砲がありましたが、今は下の写真のように台座だけ残ってました。鎮座していた主砲は横須賀に移転済み。

f:id:panda118:20161225172939j:plain

 

そして、宗谷はすでに移転を完了。船体の周りに足場が組まれてこれから塗装などの工事に入るようです。

f:id:panda118:20161225173106j:plain

 

以上、企画展レポでした